Japanese (日本語) - Change language

CloseTask

操作

タスクを閉じて、今後の操作に使用できるようにします。

重要!ウェブサービスAPIを文書の転送に使用する場合、入力条件やスクリプトなどの他の転送方法は適用されません。例外はUser type (ID=2000) 段階です。前処理および後処理の両方が常に実行され、ワークフローは適切に機能します。

タスクを閉じた後に文書を特定の段階に送信する場合は、次の段階をタスクXMLファイルで明示的に指定します。これには、タスクを検証後処理に送信する時にRoutingInfo.xsdスキームをタスクに添付します。スキームには、文書の送信先の段階に関する情報、作成するタスクに関する情報が含まれています。文書認識中にどの文書定義を合致させるかを指定することもできます。

文書を特定の段階に送信するには、SendTask方法を使用することもできます。

定義

void CloseTask( int sessionId, int taskId, int stageType );
    

パラメータ

名前 記述
sessionID int アプリケーションサーバーへの接続のID
taskId int 閉じるタスクのID
stageType int

タスクが送信される段階型のID。可能な値については、ProcessingStageTypeをご覧ください。

注:さらなる処理のためにタスクを返すには、stageType値が410または510でなければなりません。

注:データ検証段階では、行われた変更がタスクに保存されています。変更を文書に転送するには、POSTリクエストを使用してタスクデータを含むxmlファイルをアップロードし、タスクを閉じる時にデータ検証の後処理段階に送信します。

戻り値

なし。

10.11.2020 12:08:06


Please leave your feedback about this article