IMatchingInfo

動作

文書定義とセクションをページで一致させるためのパラメータを保存します。

注:このオブジェクトをローカルのルールチェックのためウェブ検証ステーションで使用することはできません。

プロパティ

名前 タイプ アクセス 説明
DefinitionsList string 読み取り/書き込み

ページで一致させるセクションと文書定義のリストで、セミコロンで区切っています。

文書定義の名前とセクション名前は、それぞれ <DefinitionName> か <DefinitionName> \ <SectionName> の形で指定されます。使用されるのは既存セクションと既存文書定義のみです。たとえば、サンプル Banking_eng の最初のセクションは次のように指定されます:Banking_eng \Page 1。

ForceMatch bool 読み取り/書き込み セクションを強制敵に一致させるか指定します。フラッグはtrueに設定されます(セクションが複数設定されていない場合に限る)。セクションリストが空で、フラッグがtrueに設定されている場合、ページは認識を必要としない別添ページとしてマークされます。
MaxPagesToMatch int 読み取り/書き込み 複数ページのセクションが一致する最大ページ数を指定します。0は制限がないことを意味します。
NeedRecognition bool 読み取り/書き込み セクション内のフィールドに認識が必要か指定します。フラッグがfalseに設定されている場合、マッチング後にフィールドは認識されません。

注:ページが全セクションで認識されるようにするには、次は変更しないでください→DefinitionsListプロパティと同じでもかまいません。もし、DefinitionsListプロパティが空で、ForceMatchフラッグが設定されていない場合、ページは認識されず、エラーメッセージ「一致する文書定義がありません」がログに記録されます。もし、ForceMatchフラグがtrueに設定されていないと、別添ページとしてマークされます。

11/10/2020 12:08:06 PM


Please leave your feedback about this article