IRoutingRuleResult

動作

またルーティングスクリプトの実行結果を表します。

注:このオブジェクトをローカルのルールチェックのためウェブ検証ステーションで使用することはできません。

プロパティ

名前 タイプ アクセス 説明
CheckSucceeded bool 読み取り/書き込み チェックが成功したかどうかを特定します。
DocumentComment string 読み取り/書き込み ルーティングが成功した場合に文書に追加されるコメント
PrincipalId int 読み取り/書き込み

ルーティングが成功した場合、文書に割り当てられるユーザーやユーザーグループのID。文書がルーティングスクリプトのプリンシパルに割り当てられていない場合、プリンシパル済みの値は"0"です。"0"の値は、その文書を任意のユーザが処理できることを示す。

詳しくは以下を参照してください:IPrincipal

Priority TProcessingPriority 読み取り/書き込み ルーティングスクリプトがtrueを返す場合に、文書に割り当てられる優先度。true
ProhibitedUserId int 読み取り/書き込み

次の段階でタスクの処理を許可されていないユーザーのIDを、指定または取得できます。デフォルトで値は「0」です。任意のユーザーがタスクを処理できることを意味します。

注:このプロパティは、ワークフロースキームに従って段階へ自動で送信されるタスクにのみ適用されます。タスクが手動で段階に送信される場合、プロパティ値は無視されます。

11/10/2020 12:08:06 PM


Please leave your feedback about this article