エクスポートが完了しました

動作

インプットパラメーターとして出力結果はこのスクリプトに入れられます。

起動した時

出力処理終了後にこのスクリプトは作動します。もし、バッチ全体を処理するオプションが出力ステージで選択された場合、このタスクはバッチ内すべてのドキュメントを含みます。もしオプションの選択が外された場合、このタスクのドキュメント数はバッチ内のドキュメント数により変動します。出力結果(成否を問わず)に関わらずこのスクリプトは作動します。これがスクリプトとイベントの大きな違いです。文書ステータス変更

いくつかの出力対象が省略された場合(これらの対象に早い段階で出力された際)、一致する出力結果、の値をAppliedフラグがfalse

パラメータ/引数

名前 タイプ アクセス 説明
ExportResults IDocumentsExportResults 読み取り専用。バッチ文書とページ内部の*フィールドは、使用できません。 全てのドキュメントと出力対象に対する出力結果
Processing IProcesingCallback 読み取り/書き込み 処理情報を記録するためのオブジェクト

* - 内部のフィールドでは、メモリにオブジェクトを読み込むことが必要です。

11/10/2020 12:08:06 PM


Please leave your feedback about this article