Japanese (日本語) - Change language

ABBYY FlexiCaptureカスタムレポートについて

カスタムレポートは、ABBYY FlexiCaptureシステムをモニタリングして、ワークフローを分析できる、強力なツールです。カスタムレポートは、特定のユーザー定義の統計を収集し、管理/監視コンソールを通じて表示されます。

デフォルトでは、標準レポートはMicrosoft Report Viewerで表示されます。これはABBYY FlexiCaptureサーバーコンポーネントの配信キットに含まれています。カスタムレポートは、Microsoft Visual StudioやMicrosoft Report Builderなど、いくつかのアプリケーションで作成できます。カスタムレポートのデータは、これらのアプリケーション、SQLクエリ、または保存したデータベースプロシージャを使用して収集できます。

カスタムレポートを開発するには、開発を行うアプリケーションに精通し、Microsoft SQL Serverで実行されているデータベースのSQLクエリと格納プロシージャを作成できる必要があります。

注:Crystal Reportsを使用して、管理/監視コンソールでカスタムレポートを作成することができます。これには、Crystal Reports 13.0.11.1467以降を、アプリケーションサーバーのあるコンピュータにインストールする必要があります。Crystal Reportsを有効にするには、管理/監視コンソールのweb.configファイルの<appSettings> ... </appSettings> タグで以下のキー値を指定します。

<add key="UseCRReportSystemForCustomReportOnly" value="true" />

これらのキー値の一つが指定されると、PDF形式のレポートが、プレビューウィンドウで表示されることなく、生成されます (Microsoft Reportsで生成されたレポート含む)。詳細は、Crystal Reportsを使用してカスタムレポートを作成する方法をご覧ください。

11/10/2020 12:08:06 PM


Please leave your feedback about this article