処理ステーション

処理ステーションは不在モードで実行されて、次のタスクを処理します:ホットフォルダからの画像読み込み、文書定義の適用と文書の認識、事前定義したストレージの場所へデータをエクスポート。処理ステーションは、処理サーバーからタスクを受け取ります。

現在のタスクの閲覧方法:

  1. 処理ステーションモニターを起動(次を選択: スタート→すべてのプログラム→ABBYY FlexiCapture 12ステーション→処理ステーション 。表示されるステーションのダイアログボックスへ接続。
    注: 処理ステーションを開始するには、処理サーバーモニターで、ステーションを選択して開始します( スタート から アクション メニューかステーションのローカルメニューから選択。またはツールバーで対応するボタンをクリック)。ステーションがサービスとして動作します。
  2. 処理サーバーを探します。
    • ネットワークホスト と処理サーバーがインストール済みのコンピュータの名前(処理サーバーと処理ステーションが別のコンピューターにインストールされている場合)
      または
    • ローカルホスト (処理サーバーと処理ステーションが同じコンピューターにインストールされている場合)

アクティブな全タスクの表示先→ タスク 列。各タスクで確認できる情報:開始時刻、進行状況、ステータス、優先順位、ステーション、作成者。目的の列の名前をクリックすると、タスクを分類できます。

10.11.2020 12:08:06


Please leave your feedback about this article