ステージルールスクリプトにて

動作

このスクリプトは文書が特定のステージに引用出来るか否かを決定するために使用されます。ルール設定にてグループ表示された詳細設定ルールワークフロー設定。

スクリプト実行時にエラーが発生した場合、文書はExceptionステージに送信されます。

パラメータ/引数

名前 タイプ アクセス 説明
Document IDocument 読み取り専用 チェック対象の文書
Result IRoutingRuleResult 読み取り/書き込み ルール実行結果

一つ以上のルールを使用したい際の手順は、スクリプトエディタからアクセスできる、グローバルルールモジュールに記載される必要があります。をスクリプトエディタのツールバーのドロップダウンリストから選択します。NonInteractiveProcessor

もし外部アセンブリのクラスやメソッドがスクリプトもしくはグローバルモジュールで使用されている場合、アセンブリファイルはバッチタイプのタブに付属している必要があります。.Net 参照タブでバッチタイププロパティ(特定のバッチタイプ向け)もしくはプロジェクトプロパティ(デフォルトバッチタイプ向け)

現在の段階でタスクを完了した場合、システムはこのタスクで取り扱う次の段階を決定します。そのため、システムは他の段階向けに入力条件を推定します。例:入力スクリプト規則など。

10.11.2020 12:08:06


Please leave your feedback about this article