UpgradeProject

ABBYY FlexiCaptureをアップグレードする場合、プロジェクトすべてをアップグレードする必要も生じます。UpgradeProjectコマンドを使用することで、プロジェクトとその文書定義のすべてをABBYY FlexiCaptureの最新バージョンにアップグレードすることができます。

パラメータ

/Project

オプション

プロジェクトを指定する。

下記のどれかを指定できます:

  • ローカルプロジェクトへのフルパス
  • サーバー上のプロジェクトへのパス
  • サーバー上のプロジェクトの名前( /Serverパラメータを指定しなければなりません)。

プロジェクトが指定されていない場合、コマンドはサーバー上のプロジェクトをすべて処理します。

/Server オプション アップグレードしなければならないプロジェクトを含むサーバー。
/Tenant オプション アップグレードしなければならないプロジェクトを含むテナントの名前。
/U オプション ユーザー名。

ユーザー名が指定されていない場合、Windows認証が使用されます。
/P オプション パスワード。

注:あるテナントのプロジェクトをアップグレードする場合、/Uパラメータと/Pパラメータにそれぞれ含まれるABBYY FlexiCaptureの管理者としてのユーザー名とパスワードを指定してください。プロジェクトURLにテナント名を含めないでください。

使用例:

UpgradeProject /Server="https://FCSRV" /Project="Banking_eng" /U=user /P=password

UpgradeProject /Project="https://FCSRV/5" /U=admin /P=password /AutomaticProcessorRole – あるテナント内のプロジェクトをアップグレード。

UpgradeProject /Server="https://FCSRV" /U=admin /P=password /AutomaticProcessorRole – あるサーバーの全プロジェクトのアップグレード。

14.01.2021 14:17:21


Please leave your feedback about this article