アクティブディレクトリでユーザーを管理

アクティブディレクトリのアカウントで、ABBYY FlexiCaptureの作業ができます。アクティブディレクトリのアカウントを有効にする場合は、アクティブディレクトリからアカウントをインポートして、ロールとアクセス権を設定します

アクティブディレクトリのユーザーをインポートする場合、FlexiCaptureの管理者は管理およびモニタリングコンソールを開き、設定→ユーザーページへ移動し、次にインポートボタンをクリックします。アカウントやグループはどちらも別々にインポートできます(「グループを検索」を選択して、希望のものを探して下さい)。

表示されたアクティブディレクトリのパスという項目で、ABBYY FlexiCaptureをインストールしたドメインコントローラのアドレスを指定できます。

注:デフォルトでは、ユーザーとグループは1つのアクティブディレクトリドメインにインポート、同期されます。インポートされたグループに別のサブドメインのユーザーが含まれている場合は、次の形式でドメインのコントローラのアドレスを必ず指定してください。GC://<address>

そして、名前フィールドが、「設定を検索してインポート」セクションにあるので、お好きなユーザーやグループを名前で検索しましょう。

注:アスタリスクで名前の一部を代用できます。

この方法で追加したユーザーは、Windowsアカウント名を指定して、標準のIIS認証方法で認証できます。補足:

  • FlexiCaptureステーションにアクセスする場合、ユーザーはWindows認証を選択して下さい。
  • ウェブステーションのアクセス時、ユーザーは次の形式でステーションのアドレスを指定して下さい:http://<ApplicationServer>/FlexiCapture12/<Station>/WinAuth。<ApplicationServer>はアプリケーションサーバーをインストールしているコンピューター名、<Station>はユーザーがアクセスしたいウェブステーションです。

FlexiCapture認証の使用

アクティブディレクトリをABBYY FlexiCaptureのグループ管理に使う

アクティブディレクトリのグループを、ABBYY FlexiCaptureのグループへ同期できます。実行するには「すべてのグループを同期」ボタンをクリックします。これで、アクティブディレクトリ経由でABBYY FlexiCaptureのグループを管理できます。

POSTリクエストを使用したグループとユーザーのアカウントの同期

1/14/2021 2:17:21 PM


Please leave your feedback about this article