FlexiCaptureアプリケーションの認証

ABBYY FlexiCapture 12 Distributed(分散型)のすべてのコンポーネントとユーザーは、アプリケーションサーバーとやりとりし、インストールされているコンピュータで認証されている必要があります。ABBYY FlexiCaptureは、何種類かのユーザー認証をサポートしています:

  • IISでのWindows認証または基本認証。ABBYY FlexiCaptureでのユーザーの識別は、Active Directoryのログインに従って実行されます。この方法は最小限の構成を必要とし、すべてのFlexiCaptureコンポーネントとユーザーが同じドメインにあるシナリオに適しています。
  • ABBYY FlexiCapture認証。この方法は、Active Directoryでユーザーを識別できない場合に使用することをお勧めします。
  • シングルサインオン (SSO) テクノロジーを使用する認証。この方法により必要な全リソースへのアクセスが単一資格情報セットで実行できます。これは、複数のコーポレートシステムで作業する場合に、ユーザーが1回の認証しか必要としないということを意味します。

重要!ユーザーが不正な資格証明で連続3回を超えて認証を試みた場合、そのユーザーアカウントは30分間ロックアウトされます。この間、ユーザーも管理者も、ロック済みアカウントのロック解除はできません。

Windowsアプリケーションを示すABBYY FlexiCaptureクライアントアプリケーションでの認証は、次の2つの方法のいずれかを使用して実行されます:

  • 起動すると、アプリケーションはWindows認証を使用します。つまり、ユーザーは、アプリケーションを起動するWindowsアカウントによってサーバー上で識別されます。
  • アプリケーションは、ユーザーがログインとパスワードを入力することを提案します。つまり、ユーザーは基本認証またはABBYY FlexiCapture認証(認証の種類が自動的に選択されます)のいずれかによって、サーバー上で識別されます。

ウェブアプリケーションであるABBYY FlexiCaptureクライアントアプリケーションの認証では、ユーザーは常にログインとパスワードを入力する必要があります。これは、基本認証またはABBYY FlexiCapture認証(ある種の認証が自動的に選択されます)のいずれかによってサーバー上でユーザーが識別されることを意味します。ウェブアプリケーションでWindows認証を使用するには、ブラウザを起動したユーザアカウントでABBYY FlexiCaptureと入力する必要があります。ウェブステーションのアドレスに/winauthを追加して、http:// <ApplicationServer>/ FlexiCapture12 /<StationName>/winauthという形式にする必要があります。ここで、<ApplicationServer>はアプリケーションサーバーがインストールされているコンピュータの名前、<StationName>は入力されているウェブステーションの名前です。

重要!アカウントのセキュリティを確保するには、認証するためのログインとパスワードを入力する際に、安全な接続(https)を使用します。

このSAML2.0 protocolは、ABBYY FlexiCaptureクライアントアプリケーションと第三者システムを統合するためにサポートされています。

3/15/2021 9:22:29 AM


Please leave your feedback about this article