インストール

重要!ABBYY FlexiCaptureをインストールして設定する前に、必ずUAC(ユーザーアカウント制御)を無効にしてください。また、内蔵の管理者アカウントを使用してアプリケーションサーバーをインストール可能です。

ABBYY FlexiCaptureのサーバーコンポーネントをインストールしてセットアップするには、まずインターネットインフォメーションサービス(IIS)、Microsoft .NET Framework、およびMicrosoft SQLサーバーをインストールする必要があります。

インターネットインフォメーションサービス(IIS)とMicrosoft .NET Frameworkは、サーバーマネージャーコンソールを介してインストールされます(スタート→すべてのプログラム→管理ツール→サーバーマネージャー):

  1. 次にサーバーマネージャーで、以下をクリックします:役割と機能の追加
  2. 表示されたサーバーの役割のリストで、以下を選択します:ウェブサーバー(IIS)

IISが既にコンピュータにインストールされている場合は、次のIISコンポーネントが選択されていることを確認してください:

ウェブ管理ツール (Web Management Tools)

  • IIS 6管理の互換性 (IIS 6 Management Compatibility)
    • IISスクリプトツール (IIS Scripting Tools)
    • IIS 6 WMI互換性 (IIS 6 WMI Compatibility)
    • IISメタベースとIIS 6構成の互換性 (IIS Metabase and IIS 6 configuration compatibility)
  • IIS 管理コンソール (IIS Management Console)

ワールドワイドウェブサービス (World Wide Web Services)

  • アプリケーション開発機能 (Application Development Features)
    • .NETの拡張性 (.NET Extensibility)
    • ASP.NET
    • ISAPI拡張 (ISAPI Extensions)
    • ISAPIフィルター (ISAPI Filters)
  • 共通HTTP機能 (Common HTTP Features)
    • 既定のドキュメント (Default Document)
    • HTTPエラー (HTTP Errors)
    • HTTPリダイレクト (HTTP Redirection)
    • 静的コンテンツ (Static Content)
  • セキュリティ (Security)
    • 基本認証 (Basic Authentication)
    • 要求フィルタリング (Request Filtering)
    • Windows認証 (Windows Authentication)

注:また、必要な他のIISコンポーネントをインストールしたり、IIS全体をインストールしたりすることも可能です。

機能リスト、.NET Framework 4.5の機能で、次のコンポーネントが選択されていることを確認します:

  • NET Framework 4.5先端サービス (.NET Framework 4.5 Advanced Services)
    • ASP.NET 4.5
    • WCFサービス (WCF Services)
      • TCPポート共有 (TCP Port Sharing)

Microsoft SQLサーバーは、ABBYY FlexiCapture 12セットアップパッケージからインストール可能です:

  1. 以下を実行します:Autorun.exe.
  2. 次に、分散インストール→外部コンポーネントのインストール→Microsoft SQL Server 2014 Express を選択
  3. Microsoft SQL Serverをインストールする際には、次のように指定します:
    • Named Instance:例:SQLExpress;
    • Authentication Mode: Mixed Mode (SQL Server authentication and Windows authentication);
    • The password for the SQL Server system administrator (sa) account and SQL Server administrators.:にて、パスワードを指定します。

サーバーをインストール

ABBYY FlexiCaptureサーバーをインストールするには:

  1. まず、Autorunメニューで、1.分散インストール→2.サーバーのインストールの順にクリックし、インストールウィザードの指示に従います。
  2. 表示されたカスタムセットアップダイアログボックスで、次のコンポーネントを選択します:
    • 処理サーバー
    • 保護サーバー
    • アプリケーションサーバー
      • Webステーション
  3. 最後に、保存先フォルダを指定します。

セットアップが完了すると、以下が自動的に開始されます:

  • シリアル番号を有効にする ライセンスマネージャユーティリティ(ライセンスの管理セクションを参照してください)。
  • アプリケーションサーバーをセットアップ可能な管理およびモニタリングコンソール(セットアップセクションを参照してください)。

注:以下の順にクリックすることで、ライセンスマネージャーと認証とモニタリングコンソールを手動で起動することも可能ですスタート → すべてのプログラム → ABBYY FlexiCapture 12 Server

ステーションのインストール

ABBYY FlexiCaptureステーションをインストールするには:

  1. まず、Autorunメニューで、1.分散インストール→2.ワークステーションのインストールの順にクリックし、インストールウィザードの指示に従います。
  2. 表示されたカスタムセットアップダイアログボックスで、インストールするコンポーネントを選択し(初期設定では、すべてのコンポーネントが選択されています)、インストール先フォルダを指定します。
  3. 表示された保護サーバーの場所ダイアログボックスで、既定値(127.0.0.1)をそのまま使用します。
  4. 表示されたユーザーアカウントダイアログボックスで、処理サービスに使用するこのアカウントを選択します:既定のアカウント(NT AUTHORITY\Network Service)

ABBYY FlexiCaptureをインストールしたら、ドキュメントとデータキャプチャ用にセットアップする必要があります。

15.03.2021 9:22:29


Please leave your feedback about this article