CopyBatchType

プロジェクトを新規作成する場合、別のプロジェクトで作成されたバッチタイプを使用することができます。これにより時間を節約し、コンフィギュレーションエラーを防止できます。バッチをあるプロジェクトから別のプロジェクトにコピーするには、CopyBatchTypeコマンドを使用することができます。このコマンドにより、コピー対象のバッチタイプと同じ名前のバッチタイプすべてが上書きされます。
注:バッチタイプが文書定義を参照することがあります。ターゲットプロジェクトにそのような文書定義がない場合、警告メッセージが表示され、存在しない文書定義への参照が削除されます。

パラメータ

/Source 必須

バッチタイプの複写元のソースプロジェクト。

ローカルプロジェクトへのフルパスまたはサーバーに保存されたプロジェクトへのパスのどちらかを指定することができます。

/Target 必須

バッチタイプの追加または差し替えを希望するターゲットプロジェクト。

ローカルプロジェクトへのフルパスまたはサーバーに保存されたプロジェクトへのパスのどちらかを指定することができます。

/Name オプション

バッチタイプ名。

ターゲットプロジェクトにこの名前のバッチタイプがすでに存在する場合、バッチタイプが上書きされます。バッチタイプの名前が指定されていない場合、全バッチタイプがコピーされます。

/TargetName オプション

バッチタイプの新しい名前。

設定されていない場合、元の名前が使用されます。

/DocumentDefinitions オプション 新しいバッチタイプが参照する文書定義の一覧。
/Classified オプション 新しいバッチタイプが参照するバッチ分類子ID。
/SourceU オプション

ユーザー名。

ユーザー名が指定されていない場合、Windows認証が使用されます。

/SourceP オプション パスワード。
/SourceTenant オプション ソースプロジェクトをもつテナント。
/TargetU オプション

ユーザー名。

ユーザー名が指定されていない場合、Windows認証が使用されます。

/TargetP オプション パスワード。
/TargetTenant オプション ターゲットプロジェクトをもつテナント。
/AlwaysAdd フラグ このパラメータが設定されている場合、特定のバッチタイプがすでに存在していてもいなくても、新しいバッチタイプが追加されます。

使用例:
CopyBatchType /Source="https://FCSRV/1/SingleEntryPoint" /Target=D:\Projects\SingleEntryPoint /SourceU=user /SourceP=password /Name="バッチタイプ"

02.03.2021 8:10:49


Please leave your feedback about this article