SyncTrainingBatches

各種のプロジェクトまたは環境内で文書処理が実行されます。そのため、ある特定のプロジェクトまたは環境に画像が蓄積され、モデルがトレーニングされます。別の環境内でトレーニング結果を使用する必要が生じた場合、トレーニング済みのモデルをある環境から別の環境に転送する必要が生じます。あるプロジェクトまたは環境から別のプロジェクトまたは環境に、トレーニングバッチを転送するためには、SyncTrainingBatchesコマンドを使用します。既存のプロジェクトまたは環境に現存するモデルよりも、品質の高いモデルのみが転送されます。また、このコマンドは、トレーニングに使用する画像の転送にも使用できます。

重要! If the version of a Document Definition in the source project does not match the version of the same Document Definition in the target project, no documents corresponding to the Document Definition in the source project will be copied into the target project. This may happen when a Document Definition has been updated in the source project but not in the target project, or when an older Document Definition has been deleted from the target project but not from the source project. For the correct operation of the SyncTrainingBatches command, the versions of the Document Definitions in the source and target projects must be identical.

パラメータ

/Source 必須 トレーニングバッチのコピー元のプロジェクト。
/Target 必須 トレーニングバッチのコピー先のプロジェクト。
/SourceTenant オプション ソースプロジェクトを含むテナント。
/TargetTenant オプション プロジェクト更新対象のテナント。
/SourceU オプション ユーザー名。

ユーザー名が指定されていない場合、Windows認証が使用されます。
/SourceP オプション パスワード。
/TargetU

オプション

ユーザー名。

ユーザー名が指定されていない場合、Windows認証が使用されます。

/TargetP オプション パスワード。
/CopyTrainingBatches

オプション

トレーニングバッチをコピーします。

考えられる値は、AllLayoutOnlyClassifierOnly、またはNoneです。デフォルトでは、パラメータはAllに設定されています。

/BatchIDs

オプション

同期対象のバッチのID。

バッチIDが未指定の場合、全トレーニングバッチが同期されます。一部のバッチが指定されている場合、/CopyTrainingBatchesパラメータをLayoutOnlyまたはClassifierOnlyに設定して、異なるコレクションに同じバッチIDが含まれるおそれのあるバッチIDの二重指定を防止しなければなりません。

/CopyTrainingSamples フラグ

トレーニングバッチの内容をコピーします。

初期設定では、 バ ッ チが同 じ (GUID が同じ) 場合には、 バ ッ チの内容は コ ピー さ れません。これはForceSync フラグを使用して変更することができます(詳細は以下を参照)。

バッチの内容は、バッチ自体がコピーされる場合にのみコピーされます。

/ForceSync フラグ トレーニングの質の点検を無効にし、新規モデルの品質が既存モデルの品質よりも悪い場合でもトレーニングバッチをコピーします。

使用例:

SyncTrainingBatches /Source="https://FCSRV/1/SingleEntryPoint" /Target=D:\Projects\SingleEntryPoint /SourceU=user /SourceP=password /ForceSync /BatchIDs=1,2,3,4

15.03.2021 9:22:29


Please leave your feedback about this article