CopyImportProfile

プロジェクトの新規作成時に、別のプロジェクトで作成したインポートプロファイルを再使用することができます。これにより時間を節約し、コンフィギュレーションエラーを防止できます。ホットフォルダー用に指定したインポートプロファイルをあるプロジェクトから別のプロジェクトにコピーするために、CopyImportProfileコマンドを使用することができます。

注:スキャナに関係するインポートファイルは、任意のマシンの全プロジェクトで共有され、コピーはされません。

パラメータ

/Source 必須

コピーを希望するインポートプロファイルが含まれているソースプロジェクト。

ローカルプロジェクトへのフルパスまたはサーバーに保存されたプロジェクトへのパスのどちらかを指定することができます。

/Target 必須

インポートプロファイルのコピー先のターゲットプロジェクト。

ローカルプロジェクトへのフルパスまたはサーバーに保存されたプロジェクトへのパスのどちらかを指定することができます。

/Name オプション コピーを希望するインポートプロファイルの名前。

この名前のインポートプロファイルがすでに存在している場合、そのプロファイルが上書きされます。インポートプロファイルが指定されていない場合、インポートファイルすべてがコピーされます。
/SourceU オプション ユーザー名。

ユーザー名が指定されていない場合、Windows認証が使用されます。
/SourceP オプション パスワード。
/SourceTenant オプション ソースプロジェクトをもつテナント。
/TargetU オプション ユーザー名。

ユーザー名が指定されていない場合、Windows認証が使用されます。
/TargetP オプション パスワード
/TargetTenant オプション ターゲットプロジェクトをもつテナント。

画像インポートパラメータの中には、プロジェクト依存で、分離して処理しなければならないものもあります。CopyImportProfileコマンドにより、下記のホットフォルダパラメータが処理されます:

パラメータ コマンドで割り当てられる値
インポートソース このパラメータは変更されません。
ホットフォルダクローリングタイム このパラメータは変更されません。
画像追加先のバッチ
  1. 現在のバッチに画像を追加 – このパラメータは、変更されません。
  2. 既存のバッチに画像を追加 – このパラメータはバッチ新規作成にリセットされます。
  3. バッチ新規作成 – バッチタイプは、新規プロジェクト内で名前をもとに発見できます。発見できない場合、タイプはデフォルトのタイプに戻されます。何に対しても影響を持ちません。
メッセージパラメータ このパラメータは変更されません。
画像処理パラメータ このパラメータは変更されません。
フォルダクリーンアップパラメータ このパラメータは変更されません。

使用例:

CopyImportProfile /Source="https://FCSRV/1/SingleEntryPoint" /Target=D:\Projects\SingleEntryPoint /SourceU=user /SourceP=password /Name="D:\123からロード"

15.03.2021 9:22:29


Please leave your feedback about this article