Microsoft Azureファイルシェアの使用

このセクションでは、ABBYY FlexiCaptureアプリケーションサーバーをMicrosoft Azureのファイルシェアに接続する方法を説明します。

注:ここでは、すでにMicrosoft Azureファイルにストレージアカウントが作成済みで、ABBYY FlexiCaptureが使用する準備ができているものとします。

  1. Azureポータルで、お使いのストレージアカウント(この例ではabbyystorage)にアクセスし、ストレージアカウントペインでファイルをクリックしてください。

  1. ストレージアカウント名(この例ではfcstorage)とスペースクォータを指定して、ストレージアカウント内にファイルシェアを新規作成してください。

  1. 作成したファイルシェアを開き、接続をクリックしてください。

  1. クリップボードにcmdkeyコマンドをコピーしてください。

  1. FlexiCaptureサービスのアクセス許可を持つシステムユーザー(この例ではfcuser)としてFlexiCaptureアプリケーションサーバーをもつ仮想マシンにログオンし、コマンドラインプロンプトを開き、クリップボードからcmdkeyコマンドを貼り付けて実行してください。これで、Windowsの証明マネージャ にファイルシェア資格情報が追加されます。

  1. Windows Explorerを開き、ユーザーがファイルシェアにアクセスできることを確認します。

  1. Internet Information Services (IIS) マネージャを開き、FlexiCaptureアプリケーションプールを選択してから、詳細設定をクリックしてください。
  2. 必要な認証でプールの識別をFlexiCaptureユーザーアカウントに変更し、Load User ProfileTrueに設定し、OKをクリックして変更を確定してから、アプリケーションプールを再生してください。
  3. 管理・モニタリングコンソールでエターナルストレージを使用するオプションを選択し、Microsoft Azureのファイルシェアへのパスを指定してください。

3/15/2021 9:22:29 AM


Please leave your feedback about this article