ライセンスサーバーの設定

ライセンスサーバーサービスは、処理サーバーサービスと同様にクラスタへ追加できます。

同じシリアル番号を有効にしてください(シリアル番号は最低でも2つ有効化できるものである必要があります)。ライセンスサーバーが提供するノードに合わせて、シリアル番号を変更しないでください。

サービスがクラスタノード間で切り替わったら、ステーションを再起動する必要があります。処理サーバーが停止して、5分後に自動で開始します。すべてのクラスタノードで同じシリアル番号を使用している場合は、リモートステーションがチケットの処理を続行します。

%allusersprofile%\ABBYY\FlexiCapture\12\Licensesフォルダ内の各クラスタノードで、ページ使用統計を含む個別のログファイルが作成されます。簡易統計を取得する場合は、全ノードの値を追加してください。2つ有効化できるシリアル番号をNode1とNode2のノードで有効にしている場合、Node1が稼働しているときはNode1のライセンス、Node2が稼動しているときはNode2のライセンスがページにカウントされます。シリアル番号に指定したページ制限が100ページの場合は、メイン100ページに加えて、他のノードで作業する際に100ページ追加で使用します。

3/15/2021 9:22:29 AM


Please leave your feedback about this article