DeleteTrainingSamples

時が経つにつれて、トレーニングバッチ内に文書と画像が蓄積していきます。これには時として、法的理由から限定された期間に限って保存が許されるユーザーデータが含まれることがあります。この種のファイルは、その期間の経過後に削除する必要があります。さらに、その種の文書と画像は保存スペースを食い潰します。全トレーニングバッチから、蓄積されたそのような文書と画像を削除してトレーニング結果のみを残すには、DeleteTrainingSamplesコマンドを使用できます。

注:文書と画像のすべてを削除すると、それ以上のトレーニングが不可能になります。トレーニングの再開には、新規画像の追加が必要です。その後、新規画像のみを使用してトレーニングをゼロから再開できます。それまでのトレーニングの結果は削除され、それ以降、使用できません。

パラメータ

/Project

必須

プロジェクトを指定する。

下記のどれかを指定できます:

  • ローカルプロジェクトへのフルパス
  • サーバー上のプロジェクトへのパス
  • サーバー上のプロジェクトの名前( /Serverパラメータを指定しなければなりません)

プロジェクトが指定されていない場合、コマンドはサーバー上のプロジェクトをすべて処理します。

/TrainingBatches オプション 全ファイルの削除が必要なトレーニングバッチ。

あり得る値は、AllLayoutOnlyClassifierOnly 、または None。デフォルトでは、パラメータはAllに設定されています。

/DeleteOlderThan

オプション

経過後に画像を削除しなければならない日数(作成日から起算)を指定します。

値が指定されていない場合、全画像が削除されます。

/LockTraining フラグ そのバッチから1つ以上の画像が削除された場合に、そのバッチのそれ以上のトレーニングを無効にします。
/U オプション

ユーザー名。

ユーザー名が指定されていない場合、Windows認証が使用されます。

/P オプション パスワード。
/Tenant オプション テナント名

使用例:

DeleteTrainingSamples /Project="https://FCSRV/1/SingleEntryPoint" /U=user /P=password /DeleteOlderThan=90 /LockTraining

3/2/2021 8:10:49 AM


Please leave your feedback about this article