UploadProject

UploadProjectコマンドを使用することで、ローカルファイルシステムからサーバーにプロジェクトをアップロードできます。デフォルトでは、トレーニングバッチもコピーされます。

注: プロジェクトをサーバーにアップロードすると、常にプロジェクトのUUIDが変更されます。初期設定では、アップロードされたプロジェクトがすでにサーバー上に存在するかどうかはチェックされません。これを回避するには、/ CheckProjectExistsフラグを使用します。これにより、同じUUIDを持つプロジェクトがサーバーに既に存在する場合にエラーメッセージが表示されます。

サーバーからローカルファイルシステムにプロジェクトをダウンロードするには、DownloadProjectコマンドを使用してください。

パラメータ

/Source 必須 ローカルプロジェクトへのパス。

関連するローカルパスはサポートされません。
/Target 必須 サーバー上でプロジェクトが保存される場所へのパス、または
プロジェクトが保存されるローカルフォルダーへのフルパス。
/Tenant オプション テナント名
/U オプション ユーザー名。

ユーザー名が指定されていない場合、Windows認証が使用されます。
/P オプション パスワード。
/CopyTrainingBatches オプション

トレーニングバッチをダウンロードします。

考えられる値は、AllLayoutOnlyClassifierOnly、またはNoneです。デフォルトでは、パラメータはAllに設定されています。

/CopyTrainingSamples フラグ トレーニングバッチのコンテンツをダウンロードします。
/CheckProjectExists フラグ 指定されたプロジェクトがすでにサーバー上に存在するか確認し、存在していない場合はUUIDとともにコピーします。 存在する場合は、エラーメッセージが表示されます。

使用例:

UploadProject /Source="D:\Projects\FCProject" /Target="https://FCSRV" /U=user /P=password /CopyTrainingSamples - プロジェクトとそのトレーニングバッチのすべてのコンテンツをサーバーにアップロードします。

UploadProject /Source="D:\Projects\FCProject" /Target="https://FCSRV" /U=user /P=password /CopyTrainingBatches=LayoutOnly /CheckProjectExists - プロジェクトとそのすべてのフィールド抽出トレーニングバッチをアップロードし、サーバー上に同一のプロジェクトが存在するかどうかをチェックします。

3/15/2021 9:22:29 AM


Please leave your feedback about this article