CheckProjectsVersion

ABBYY FlexiCapture 12 の更新時には、すべてのドキュメント処理を停止する必要があります。ABBYY FlexiCapture 12 の更新後、サーバー上のすべてのプロジェクトについても更新する必要があります。すべてのプロジェクトの更新には、かなりの時間がかかる場合があります。ただし、すべてのプロジェクトの更新が完了する前でも、ドキュメントの処理を再開することができます。システムは、まだ更新されていないプロジェクトの処理ジョブを無視します。

下記が使用できますCheckProjectsVersionこれはまだ更新されていないプロジェクトに関する情報を取得するためのコマンドです。指定した指標に応じて、このコマンドの実行時に、下記の情報が表示されます。

  • 製品の現在のバーション(指標を指定しなかった場合)
  • サーバー上にある更新が必要なプロジェクトの数
  • 更新が必要なプロジェクト
  • 特定プロジェクトの作成に使用された製品のバージョン

パラメーター:

/Project オプション

プロジェクトを指定します。
プロジェクトは下記のいずれかの方法により指定することができます。

  • プロジェクトにアクセスするための完全なローカルパス
  • サーバー上のプロジェクトにアクセスするためのパス
  • サーバー上にあるプロジェクトの名称(これには/Server指標を指定する必要があります)。
    プロジェクトが指定されている場合、その作成に使用された製品のバージョンが表示されます。
/Server オプション

サーバーアドレス

サーバーが指定されているが、/ListProjectsのための数値が指定されていない場合、サーバー上にある、以前のバージョンのプロジェクト数が表示されます。

/U オプション ユーザー名
この指標が指定されていない場合、Windowsの認証が使用されます。
/P オプション ユーザーパスワード
/Tenant オプション テナント名
/ListProjects フラグ

この指標を指定すると、更新が必要なサーバー上のプロジェクトのリストが下記のフォーマットにより表示されます。<テナント> <プロジェクト名><データベース中におけるプロジェクトID><現在のプロジェクトのバージョン>

<現在のプロジェクトのバージョン>は、つぎの要領で指定することができます。

  • 古い順
  • 新しい順
  • 不明
  • バージョン番号(データベース上のバージョン表で指定されているバージョンと合致している場合)

注:もし/ListProjectsフラグを指定していれば、デフォルトのテナント名を指定する必要はありません。

注:テナント内のプロジェクトに関する情報を取得するには、テナント管理者の資格証明を/Uおよび/P指標で指定する必要があります。プロジェクトへのリンクは、テナント名抜きで指定する必要があります。

使用例:

CheckProjectsVersion – 現在のプロジェクトのバージョンを表示

/CheckProjectsVersion /Server="https://FCSRV" /ListProjects – 更新されていないプロジェクトを、バージョンとともに表示

/CheckProjectsVersion /Server="https://FCSRV" /Project="IdProject” – プロジェクト作成に使用された製品のバージョンを表示

/CheckProjectsVersion /Project="https://FCSRV/idProject" /Tenant=tenant /U=admin /P=password – 当該テナントで当該プロジェクトを作成するために使用された製品のバージョンを表示

14.01.2021 14:17:21


Please leave your feedback about this article