処理サーバーの設定

処理サーバーを設定するには、次の手順を実行します:

  1. 処理サーバーの役割を、処理サーバーが実行されているアカウントのユーザーに割り当てます。
    デフォルトでは、処理サーバーはアプリケーションサーバーと同じコンピューターにインストールされ、ネットワークサービスユーザーアカウントで開始されます。この場合、役割は処理サーバーに自動的に割り当てられ、この手順はスキップできます。
    処理サーバーの役割が自動的に割り当てられていない場合は、管理およびモニタリングコンソールの設定→ユーザーページで、必要な権限を処理サーバーに与えてください。
    処理サーバーが、アプリケーションサーバーを備えたコンピュータ以外のコンピュータにインストールされ、ネットワークサービスユーザーアカウントで実行されている場合は、管理およびモニタリングコンソールでユーザーは <Domain> \ <Machine Name> $と表示されます。処理サーバーサービスが別のユーザーで実行されている場合、処理サーバーはそのユーザーに役割を割り当てます。
  2. 処理サーバーモニタを開始します(以下をクリックします:スタート→すべてのプログラム→ABBYYFlexiCapture 12サーバー→処理サーバー)。
  3. 処理サーバーモニタで、アクション→プロパティをクリックし、表示されたダイアログボックスで、アプリケーションサーバーのアドレスを指定します(例:http:// ApplicationServer)。処理サーバーとアプリケーションサーバーが同じコンピューターにインストールされている場合は、アプリケーションサーバーのアドレスが自動的に指定されます。
  4. アイコンをクリックして処理サーバーを開始します。
  5. 処理ステーションを追加します。これを行うには、ツリーのステーションを選択し、次のアイコンをクリックします:。ダイアログボックスが表示されたら、コンピュータの名前に基づいて目的のステーションを選択するか、参照...をクリックしてネットワーク上のステーションを探します。ステーションを追加したら、ステーションのプロパティダイアログボックスでパラメータを指定します(以下をクリックします:アクション  →プロパティ)。ステーションが自動的に開始されます(これには約1分位かかります)。ステーションが長時間のセットアップを必要とする場合、またはステーションを開始しない場合は、ステーションのプロパティで自動的に起動オプションをオフにします。
    目的のステーションを手動で開始するには、処理サーバーモニタのメインウィンドウでそのステーションを選択し、次のアイコンをクリックします:
    注:FlexiCaptureサーバーがインストールされているコンピュータに処理ステーションをインストールすることは、サーバーのパフォーマンスが低下するため推奨しません。
  6. 必要に応じて、プロジェクト設定ステーションでプロジェクトの処理設定を指定します(指定した設定はデフォルトタイプのバッチに適用されます)。処理設定を指定するには、プロジェクト→プロジェクトプロパティ...をクリックし、次にワークフロータブをクリックします。プロジェクトにさまざまなバッチタイプが含まれている場合、それぞれのワークフロー設定を指定します。これを実行するには、以下をクリックします:プロジェクト→バッチタイプ...次に、バッチタイプを選択し、編集...をクリックし、表示されたダイアログボックスでワークフロータブをクリックします。

1/16/2023 10:03:06 AM

Please leave your feedback about this article

Usage of Cookies. In order to optimize the website functionality and improve your online experience ABBYY uses cookies. You agree to the usage of cookies when you continue using this site. Further details can be found in our Privacy Notice.