DeleteTrainingSamples

時が経つにつれて、トレーニングバッチ内に文書と画像が蓄積していきます。これには時として、法的理由から限定された期間に限って保存が許されるユーザーデータが含まれることがあります。この種のファイルは、その期間の経過後に削除する必要があります。さらに、その種の文書と画像は保存スペースを食い潰します。全トレーニングバッチから、蓄積されたそのような文書と画像を削除してトレーニング結果のみを残すには、DeleteTrainingSamplesコマンドを使用できます。

注:文書と画像のすべてを削除すると、それ以上のトレーニングが不可能になります。トレーニングの再開には、新規画像の追加が必要です。その後、新規画像のみを使用してトレーニングをゼロから再開できます。それまでのトレーニングの結果は削除され、それ以降、使用できません。

パラメータ

/Project

必須

プロジェクトを指定する。

下記のどれかを指定できます:

  • ローカルプロジェクトへのフルパス
  • サーバー上のプロジェクトへのパス
  • サーバー上のプロジェクトの名前( /Serverパラメータを指定しなければなりません)

プロジェクトが指定されていない場合、コマンドはサーバー上のプロジェクトをすべて処理します。

/TrainingBatches オプション 全ファイルの削除が必要なトレーニングバッチ。

あり得る値は、AllLayoutOnlyClassifierOnly 、または None。デフォルトでは、パラメータはAllに設定されています。

/DeleteOlderThan

オプション

経過後に画像を削除しなければならない日数(作成日から起算)を指定します。

値が指定されていない場合、全画像が削除されます。

/LockTraining フラグ そのバッチから1つ以上の画像が削除された場合に、そのバッチのそれ以上のトレーニングを無効にします。
/U オプション

ユーザー名。

ユーザー名が指定されていない場合、Windows認証が使用されます。

/P オプション パスワード。
/Tenant オプション テナント名
/Cert オプション 相互 SSL 認証に使用される証明書の拇印。このキーは、相互 SSL が文字列としてインストールされているサーバーのエンコードされた証明書ハッシュを渡すために使用されます。

使用例:

DeleteTrainingSamples /Project="https://FCSRV/1/SingleEntryPoint" /U=user /P=password /DeleteOlderThan=90 /LockTraining

1/16/2023 10:03:06 AM

Please leave your feedback about this article

Usage of Cookies. In order to optimize the website functionality and improve your online experience ABBYY uses cookies. You agree to the usage of cookies when you continue using this site. Further details can be found in our Privacy Notice.