ABBYY FlexiCaptureアーキテクチャ

ABBYY FlexiCaptureは、ドキュメント処理ステーションとサーバーで構成される一連のアプリケーションです。

サーバーコンポーネント:

  1. アプリケーションサーバーは、システム内のすべてのHTTP / HTTPSトラフィックのメインゲートウェイとして機能する、インターネット情報サービス(IIS)のウェブサービスです。このコンポーネントは、ユーザーの認証および承認機能を提供し、サーバーとクライアントコンポーネント間の通信を可能にします。
  2. ライセンスサーバーは、ライセンスとシステムに許可された使用方法に関する情報を保持するサービスとシステムに許可された使用方法に関する情報を保持するサービスです。
  3. 処理サーバーは、処理ステーションを管理するサービスです。このコンポーネントは分散処理を可能にします。
  4. データベースには、処理設定、ユーザーに関する情報、処理されているドキュメントに関する情報、および処理されたドキュメントの統計が保存されます。
  5. ファイルストレージは、処理中のドキュメントのイメージとこのドキュメントから取得したデータを保存します。

各サーバーコンポーネントを別のコンピュータにインストールすることができ、さまざまなスケーラビリティと個々の信頼性およびセキュリティ設定を実現可能です。

クライアントコンポーネント:

  1. 管理およびモニタリングコンソールは、ABBYY FlexiCaptureを設定し、その操作を監視するために使用されるウェブアプリケーションです。
  2. プロジェクト設定ステーションは、文書処理の設定に使用されます。
  3. 処理ステーション:
    • 自動化処理ステーションは、イメージのインポートと処理、光学認識の実行、ユーザースクリプトの実行、抽出されたデータをストレージシステムにエクスポート、および多数のサービス操作を実行します。
    • スキャンステーションや検証ステーションによるマニュアル操作は、ドキュメントイメージを取得し、ABBYY FlexiCaptureにフィードし、抽出されたデータを検証するための一連のアプリケーションです。別のPCアプリケーションとして、ブラウザ上のシンクライアントとして、またはモバイルアプリとしてインストール可能です。

コンポーネントの相互関係

下のフローチャートは、ABBYY FlexiCaptureコンポーネント間の相互関係を示しています。

詳細は、次を参照:ABBYY FlexiCaptureコンポーネント間のやり取りの概要

初期設定では、次のポートとプロトコルが使用されます:

  • アプリケーションサーバー80(HTTPが使用される場合)または443(HTTPSが使用される場合)
  • ライセンスサーバー3020
  • 処理サーバー10024
  • 処理ステーション10025

以下もご参照ください:ABBYY FlexiCaptureで使用されるポートを変更する方法

11/15/2022 10:12:56 AM

Please leave your feedback about this article

Usage of Cookies. In order to optimize the website functionality and improve your online experience ABBYY uses cookies. You agree to the usage of cookies when you continue using this site. Further details can be found in our Privacy Notice.