エリアプロパティの編集

ABBYY FineReaderは、自動文書分析を実行する際に文書のページにあるさまざまなタイプのエリア( 写真テキスト、 および バーコードを検出します。 また、文書構造の分析も行い、見出しやその他のレイアウト要素(ヘッダー、フッター、キャプションなど)を識別します。

一部のエリア( テキスト および )で不正確に定義されているプロパティは、手動で変更できます。

  1. まず 画像 ペインか ズーム ペインでエリアを選択し、 領域のプロパティ ペインにプロパティを表示します。 このペインでは、以下の編集可能プロパティが表示されます:
  2. 目的の変更を行った後は、認識されたテキストにその変更が反映されるよう、文書を必ず再認識させてください。

エリアの詳細については、 エリアの編集 を参照してください。

02.11.2018 16:19:30


Please leave your feedback about this article