DOC(X) / RTF / ODT設定

以下の設定が利用できます:

文書レイアウト

出力文書の用途に合わせて適切な設定を選択します。

  1. 正確なコピー
    元の文書の形式を保持します。 この設定は販促用パンフレットなどの複雑なレイアウトの文書に推奨されます。 しかし、このオプションでは出力文書のテキストと形式を変更する能力が制限されますのでご注意ください。
  2. 編集可能コピー
    元の文書の形式とは若干異なる形式の文書を生成します。 このモードで生成された文書は容易に編集できます。
  3. フォーマット済みテキスト
    段落を保持しますが、ページ上のオブジェクトの位置や行間をまったく同じには保ちません。 生成されたテキストは左揃えとなります。 右から左に書くテキストは右揃えとなります。
    縦書きのテキストは横書きになります。
  4. プレーンテキスト
    ほとんどの形式が破棄されます。 オプションがオンの場合、フォントスタイルのみ保持されます。 プレーンテキストに太字、斜体、下線の文字スタイルを保持

既定の用紙サイ

RTF、DOC または DOCX 形式での保存に使用する用紙サイズは、デフォルトの用紙サイズドロップダウンリストで選択できます。

写真の設定

多数の写真が含まれる文書は大きくなることがあります。 写真の品質および結果として生成されるファイルのサイズは画像設定ドロップダウンリストのオプションを使用して微調整が可能です。 画像を保持する

ヒント。 写真の保存パラメータを変更するには カスタム...。 表示されるダイアログボックスで、 カスタム設定 目的の設定を指定して OK

テキスト設定

  • ヘッダー、フッター、ページ番号を維持する
    出力テキストでヘッダー、フッター、ページ番号を保持します。
  • 改行およびハイフンを維持する
    元のテキスト行の配置を出力テキストで保持します。 
  • ページ区切りを維持する
    元のページの配置を保持します。
  • 行番号を維持する
    元の行番号を保持します(ある場合)。 行番号はテキスト編集時に変更されない別のフィールドで保存されます。
    この機能は文書のレイアウトドロップダウンリストで 編集可能コピー オプションが選択されている場合に 利用できます
  • テキストと背景の色を保持する
    フォントの色と背景色を保持する場合に、このオプションを選択します。
  • プレーンテキストに太字、斜体、下線の文字スタイルを保持
    文書のレイアウトドロップダウンリストで プレーンテキスト オプションが選択されている場合に 文書レイアウト

ヘッダー、フッター、目次、番号のリスト、脚注の検出を OCR ダイアログボックスの オプション タブで無効にする場合(このダイアログボックスを開くには オプション... ツール をクリックします)これらの要素は本文として保存されます。

信頼性の低い文字

ABBYY FineReaderのOCRエディターのテキストペインではなく、Microsoft Wordで 信頼性が低い文字の強調表示 文書を編集する計画がある場合に、このオプションを テキスト 。 このオプションが選択された場合、すべての信頼性の低い文字はMicrosoft Word文書で強調表示されます。

ヒント。 信頼度が低い文字の色は、オプションダイアログボックスのエリアとテキストタブで変更できます(このダイアログボックスを開くには オプション... ツール をクリックします)。

文書の作成者やキーワードなどのメタデータを保持する

文書を保存する際に、メタデータを保持します。 このオプションはデフォルトでオンになっています。

文書のメタデータを変更する場合には、 メタデータの編集... ボタンをクリックして、目的の変更を作成し、 OK

11/2/2018 4:19:30 PM


Please leave your feedback about this article