DjVu設定

以下の設定が利用できます:

保存モード

予定している文書の利用方法に合わせて、以下から最適なオプションを選択します:

  • ページ画像の下にテキスト
    このオプションでは、ページ全体を画像として保存し、その下に認識されたテキストを配置します。 そのため、元のファイルと全く同じ外観の検索可能なDjVu文書が作成されます。
  • ページ画像のみ
    このオプションは正確なページの画像を保存します。 出力文書は元の文書とほぼ同じ外観ですが、文書のテキストは検索可能ではありません。

写真の設定

多数の写真が含まれる文書は大きくなることがあります。 写真の品質と結果ファイルのサイズは、ドロップダウンリストのオプションを使用して微調整が可能です 画像品質

ヒント。 写真保存の設定を変更するには カスタム... をクリックします。 カスタム設定 ダイアログボックスで、目的の設定を選択して OK をクリックします。

複数のレイヤー

DjVu形式はページの画像をレイヤーに分割してそれぞれのレイヤーに異なる圧縮方法を用いる特別な圧縮技術を使用します。 デフォルトでは、ABBYY FineReaderはそのページに複数レイヤー圧縮を使用する必要があるかどうかを自動で決定します(つまり、 複数レイヤー オプションは 自動 に設定)。 複数レイヤー圧縮をすべてのページで使用したい場合、または、複数レイヤー圧縮を使用したくない場合には、複数レイヤー オプションを 常にオン に設定します。 常にオフ

文書の作成者やキーワードなどのメタデータを保持する

文書を保存する際に、メタデータを保持します。 このオプションはデフォルトでオンになっています。

文書のメタデータを変更する場合には、 メタデータの編集... ボタンをクリックして、目的の変更を作成し、 OK

11/2/2018 4:19:30 PM


Please leave your feedback about this article