ページ画像の補正

PDFエディターを使用して、画像ファイルから作成されたPDF文書の品質を高めることができます。 入力画像のタイプによって、プログラムは適切な画像補正アルゴリズムを選択します。 自動画像補正に加え、PDFエディターはページの方向、傾き、歪んだテキスト行などの欠陥を修正し、ABBYY PreciseScanテクノロジーで文字をなめらかに表示します。

ダイアログボックスで補正オプションを指定できます 画像の補正 (このダイアログボックスは、終了 > ページ画像の補正... とクリックすると開きます)。

  • ページの向きを修正 プログラムが自動でページの方向を検出、補正する場合には、このオプションを選択します。
    最高の認識結果のためには、ページは標準の方向(つまり、横書きのテキスト行で、上から下に読む)であることが望まれます。 そうでない場合には、文書の認識が正しく実行されない可能性があります。
  • 画像の傾きと画像解像度の修正 プログラムが画像で多数の画像処理ルーチンを実行するようにしたい場合には、このオプションを選択します。
    入力画像のタイプによって、傾き補正、台形歪みの補正、画像解像度の調整など、プログラムは適用する画像の修正を選択します。
    この操作が完了するまでにはしばらく時間がかかる場合があります。
  • ABBYY PreciseScan を適用して画像上の文字を滑らかにする ABBYY PreciseScanテクノロジーを適用して、ズームインした際に文字がピクセル化しないようにする場合にはこのオプションを選択します。

正しいOCR言語を選択するようにしてください。 以下も参照してください: OCR前に考慮すべき文書の機能

11/2/2018 4:19:30 PM


Please leave your feedback about this article