HTML設定

以下の設定が利用できます:

文書レイアウト

出力文書の用途に合わせて適切な設定を選択します。

  • 柔軟なレイアウト
    元の文書の形式を保持します。 出力 HTML ドキュメントは簡単に編集できます。
  • フォーマット済みテキスト
    フォント、フォントサイズ、フォントスタイル、段落は保持されますが、ページ上のオブジェクトの正確な行間や場所は保持されません。 生成されたテキストは左揃えとなります。 右から左に書くテキストは右揃えとなります。
    縦書きのテキストは横書きになります。
  • プレーンテキスト
    書式設定は保持されません。

写真の設定

多数の写真が含まれる文書は大きくなることがあります。 写真の品質と結果ファイルのサイズは、ドロップダウンリストのオプションを使用して微調整が可能です画像を保持する

ヒント。 写真保存の設定を変更するには カスタム...。 オプションのグループの カスタム設定 希望する設定を選択して OK

テキスト設定

  • 改行を保持する
    元のテキスト行の配置を保持します。 これが無効である場合、出力文書はすべてのテキストを含む、単一の行になります。
  • テキストと背景の色を保持する
    フォントの色と背景色を保持する場合に、このオプションを選択します。
  • ヘッダーとフッターを維持する
    出力文書でヘッダーとフッターを保持します。

エンコーディング

ABBYY FineReaderは コードページ を自動で検出します。 コードページを変更するには、コードページをドロップダウンリストから選択します エンコーディング

本の設定

ハードコピー本を HTML に変換する場合、有効にする、 目次を生成し、目次を使用してブックをファイルに分割 オプションをクリアします。 本は、次の方法のいずれかで章に分割することができます。

  • 見出しに基づいてファイルを自動的に作成
    FineReader 14 は自動的にドキュメントをほぼ等しいサイズに分割し、別の HTML ファイルとして保存して、目次でのそれらへのリンクを再作成します。
  • レベル 1 の見出しに基づいてファイルを作成
    FineReader 14 は、自動的に最上位の見出しを使用して別の HTML ファイルにドキュメントに分割します。
  • レベル 2 の見出しに基づいてファイルを作成
    FineReader 14 は、自動的に最上位および次のレベルの見出しを使用して別の HTML ファイルにドキュメントを分割します。

文書の作成者やキーワードなどのメタデータを保持する

文書を保存する際に、メタデータを保持します。 このオプションはデフォルトでオンになっています。

文書のメタデータを変更する場合には、 メタデータの編集... ボタンをクリックして、目的の変更を作成し、 OK

02.11.2018 16:19:30


Please leave your feedback about this article