画像の保存

ABBYY FineReaderでは、スキャンも含め、認識されたテキストとページ画像の両方を保存できます。

画像を保存するには:

  1. まず ページ ペインで、保存するページを選択します。
  2. 次のようにクリックします: ファイル > 名前を付けて保存 > ページ画像...
  3. 開かれるダイアログボックスで、ファイルの保存先となるディスクとフォルダーを選択します。
  4. 画像を保存する形式を選択します。
    複数のページを1つのファイルに保存する場合はTIFF形式を選択し、 全ページの 1 つのファイルを作成 を選択します。
    詳細は サポートされている画像形式 を参照してください。
  5. ファイル名を指定し、 保存をクリックします。

ヒント。 TIFFで保存する場合は画像形式と圧縮方法を選択できます。 画像圧縮を行えば、ファイルサイズを縮小できます。 画像圧縮で使用される方法はそれぞれ圧縮率とデータロスが異なります。 圧縮方法を選択する際は、圧縮後の画像品質とファイルサイズが2大要因となります。

ABBYY FineReaderで提供されている圧縮方法は以下のとおりです:

  • ZIP データロスは発生しません。 この圧縮アルゴリズムは、単色の大きなセクションが含まれている画像に使用されます。 たとえば、スクリーンショットや白黒画像に適しています。
  • JPEG この圧縮アルゴリズムは、写真などのグレーおよびカラー画像に使用されます。 この方法では高密度の圧縮が可能ですが、データロスと画像品質の低下(不鮮明な輪郭と色彩の劣化)を引き起こします。
  • CCITT Group 4 データロスは発生しません。 この圧縮アルゴリズムは、グラフィカルプログラムやスキャン画像で作成された白黒画像での使用が一般的です。 CCITT Group 4 は、事実上すべての画像で使用できる一般的な圧縮方法です。
  • Packbits データロスは発生しません。 この圧縮アルゴリズムは白黒スキャンに使用されます。
  • LZW データロスは発生しません。 この圧縮アルゴリズムはグラフィックデザインやグレースケール画像で使用されます。

画像のみのPDFに保存する場合、プログラムは 書式設定 > PDF タブ( オプション ダイアログボックス)で指定したパラメーターを使用します。このダイアログボックスは、 ツール > オプション... とクリックすると開きます。

11/2/2018 4:19:30 PM


Please leave your feedback about this article