パスワードと許可

PDF文書を作成する際に 不正アクセス、編集、印刷から保護するためにパスワードを設定できます。 PDF文書は文書を開くパスワードおよび/または許可パスワードで保護することができます。

PDF文書が不正アクセスから保護されている場合、文書の作成者が指定した文書を開くパスワードを入力した後でのみ開くことができます。 文書が不正な編集や印刷から保護されている場合、これらのアクションは文書の作成者が指定した許可パスワードを入力した後でのみ実行できます。 許可パスワードを使用して保護されたPDF文書を開くこともできます。

文書をパスワードで保護するには、以下の手順に従います。

  1. PDFツール ツールバーのボタンをクリックするか、次のようにクリックします:ツール > セキュリティ設定
    セキュリティ設定 ダイアログボックスが開きます。
  2. 文書が不正に開かれないようにするには、 文書を開くためのパスワードでアクセスを制限する オプションをクリアします。
  3. 文書を開くパスワードを入力して確認します。
    文字を非表示 オプションをクリアします。 この場合、入力した文字は画面に表示されるため、パスワードを再入力する必要がありません。
  4. 不正な印刷、編集、コピーから文書を保護する場合には、 許可パスワードで印刷と編集を制限する オプションをクリアします。
  5. 許可パスワードを入力して確認します。
    文書を開くパスワードと許可パスワードは別々のものにする必要があります。
  6. 印刷 ドロップダウンリストから文書の印刷解像度を選択します。
  7. 編集 ドロップダウンリストから、許可する編集操作を選択します。
  8. 他のユーザーが文書のコンテンツをコピーおよび編集できるようにする場合には、対応するオプションを選択します。
  9. 暗号化レベルと暗号化するコンポーネントを選択します。
  10. をクリックします OK

再度パスワードを確認するよう求めるメッセージが表示されます。 開いた文書に変更を保存するか、新規に文書を作成できます。

11/2/2018 4:19:30 PM


Please leave your feedback about this article