Microsoft Outlook 365でEメール処理を設定する方法

ABBYY FineReader Server 14では、Microsoft Outlook 365で受信したEメールメッセージを処理できます。Microsoft Outlook 365からのEメールを処理するワークフローの設定は、以下の手順に従ってください:

全般タブで、ワークフローの種類として メールを選択します。次に、ワークフローを常にアクティブにするか、スケジュールで実行するかを指定します(スケジュールで実行する場合には、スケジュールを作成する必要があります)。

1. 入力タブで、ソースの種類としてIMAPメールサーバーを選択します。

次の情報を入力する必要があります:

    • サーバーアドレス– これは受信Eメールのサーバーのアドレスです。メールサーバーのアドレスを見つける方法:
      • Microsoft Outlook 365アカウントを開き、設定ギアアイコンをクリックします。表示されるパネルの下部で、Outlook設定をすべて表示をクリックします。
      • メール -> Eメールの同期をクリックします。IMAP設定の下に、サーバーのアドレスとポート番号が表示されます。
    • ポート番号– 使用するポート (デフォルト設定は143)。SSLで通信を保護するには、 SSLの使用を選択し、993ポート番号 フィールドで指定します。
    • ユーザー名– ユーザーの名前または受信箱のフルネーム。ユーザー名を見つける方法:
      • Microsoft Outlook 365アカウントを開き、アカウントの名前のアイコンをクリックしてから、 マイアカウントをクリックします。
      • 個人情報を選択します。メールボックスのアドレスは連絡先詳細:Eメールの下に表示されます。
    • パスワード– メールサーバーにアクセスするためのパスワード。このフィールドのテキストはマスクされるため、読み取ることはできません。
    • 受信箱フォルダ – 処理されるEメールのメッセージを探すフォルダの名前。フォルダ名を入力するか、参照をクリックしてフォルダを選択します。

メール ワークフローを使ったEメールメッセージおよびEメールの添付ファイルの処理のための一般設定についての詳細情報は、  1. 入力 タブ( ワークフローのプロパティ ダイアログボックス)を参照してください。

29.11.2022 17:26:48

Please leave your feedback about this article

Usage of Cookies. In order to optimize the website functionality and improve your online experience ABBYY uses cookies. You agree to the usage of cookies when you continue using this site. Further details can be found in our Privacy Notice.