その他のサンプルスクリプト

一部の処理ワークフローには、さまざまな段階でスクリプトの組み合わせが含まれ、ABBYY FineReader Serverが提供するいくつかの追加機能を使用します。こうした事前設定済みワークフローのサンプルは、次の場所にあります: %PUBLIC%\ABBYY \ABBYY FineReader Server 14.0\Samples\Worfklow

Wf_barcodes_indexing.xml

このワークフローは、最初に検出されたバーコードの値をファイルの名前に書き込みます。インデックス作成スクリプトとファイル命名規則を使用します。

Wf_table_indexing.xml

このワークフローは、テーブルを含むドキュメントの名前に特別なタグを追加します。インデックス作成スクリプトとファイル命名規則を使用します。

Wf_sep_barcodes.xml

このワークフローは、バーコードに基づいてドキュメントを分割し、バーコードを使用して、ドキュメントを適切なフォルダやサブフォルダ(例、Level_1_barcode\Level_2_barcode)に入れるためのドキュメント階層を作成します。分割スクリプトとファイルの命名規則を使用します。

注:入力として受け取ったすべてのページは、1つのファイルに配置する必要があります。

サンプルの入力ドキュメントは次の場所にあります:%PUBLIC%\ABBYY\ABBYY FineReader Server 14.0\Samples\SampleImages\sep_barcodes.pdf

Wf_data_from_xmlresult.xml

このワークフローは、処理統計といくつかの技術データを出力します。インデックス作成と公開スクリプトを使用します。出力データは次のとおりです:

  • 処理時間
  • スキャン、検証、およびインデックス作成オペレータの名前
  • エラーと警告
  • 他のいくつかのデータ

In the %PUBLIC%\ABBYY \ABBYY FineReader Server 14.0\Samples\Scriptフォルダには、以下のスクリプトの使用例もあります:

  • Accessing_SP_metadata_via_an_indexing_script.cs
    Microsoft SharePointからメタデータを取得し、スクリプトで使用する方法を示します。
  • Counting_deleted_pages_in_a_document.cs
    前処理およびドキュメント分割の段階で削除されたページを計算します。

参考:

ABBYY FineReader Serverでスクリプトを使用する方法

29.11.2022 17:26:48

Please leave your feedback about this article

Usage of Cookies. In order to optimize the website functionality and improve your online experience ABBYY uses cookies. You agree to the usage of cookies when you continue using this site. Further details can be found in our Privacy Notice.