保存フォーマット

ABBYY FineReader Server により、認識済みテキストを以下のフォーマットとして保存できます:

  • Microsoft Word ドキュメント (*.doc、*.docx)
  • Microsoft Excel ドキュメント (*.xls、*.xlsx)
  • Microsoft PowerPoint (*.pptx)
  • リッチ テキスト形式 (*.rtf)
  • XML ドキュメント (*.xml)1
  • Alto XML ドキュメント(*.xml)1
  • PDF ドキュメント (*.pdf)
  • PDF/A ドキュメント (*.pdf)
  • EPUBドキュメント (*.epub)
  • テキスト ドキュメント (*.txt)
  • CSV ドキュメント (*.csv)
  • HTML ドキュメント (*.htm)
  • JSON ドキュメント (*.json)2
  • TIFF 画像 (*.tiff)
  • JPEG 画像 (*.jpg)
  • JPEG 2000 画像 (*.j2k)
  • PNG 画像 (*.png)

またオリジナル画像を変換せずに「出力フォルダ」に移動するように設定できます。

出力プロフィールの設定ダイアログボックスの [出力] タブで新規... または 編集...ボタンをクリックすると6. 出力ワークフローのプロパティ を指定できます。

認識済みのテキストをPDFフォーマットとして保存している場合、PDFドキュメントが開かれ、印刷または編集されることがないようにパスワードを設定できます。 詳細については、PDFセキュリティの設定 ダイアログボックスの説明を参照してください。

1 — 認識されたテキストを含むXMLファイルで、インストレーションフォルダ(デフォルトでは、C:\Program Files\ABBYY FineReader Server 14.0\Help)にあるExportToXml.xsdファイルに記述されたレイアウトになっています。

2 — 認識されたテキストを含むJSONファイルで、インストレーションフォルダ(フォルトでは、C:\Program Files\ABBYY FineReader Server 14.0\Help)にあるExportToJSON.jsonファイルに記述されたレイアウトになっています。

29.11.2022 17:26:48

Please leave your feedback about this article

Usage of Cookies. In order to optimize the website functionality and improve your online experience ABBYY uses cookies. You agree to the usage of cookies when you continue using this site. Further details can be found in our Privacy Notice.