ABBYY FineReader Server でのスクリプトの使用

ABBYY FineReader Server 14では、スクリプトを使ってさまざまな処理段階でドキュメント処理をコントロールできます。スクリプトはドキュメント処理中に発生する特定のイベントによりトリガーされます。スクリプトを使ってドキュメントの分割、ドキュメントの識別とインデックス作成の自動化、エクスポートされたドキュメントと失敗したジョブの処理をコントロールできます。

以下のスクリプト言語がサポートされています:

  • JScript®
  • VBScript
  • C# .Net
  • Visual Basic .Net
  • JScript .Net

注:.NETスクリプトを使用するには、ABBYY FineReader Server 14 Update 7以降が必要です。

概要

各スクリプトは入力として特定のオブジェクトを受取ります。このオブジェクトはコンテキストオブジェクトと呼ばれ、そのインターフェースはスクリプトの種類により異なります。

スクリプトの種類 インターフェース 実行される場所
入力 IInputDocument Processing Station
分割 IRecognizedPage Processing Station
自動インデックス作成 IDocumentToIndex Processing Station
インデックスフィールドの初期化 IDocumentAttributes Processing StationまたはIndexing Station
インデックスフィールドの変更 IDocumentAttributesChanged Indexing Station
インデックス作成終了 IDocumentAttributesIndexingFinished Indexing Station
公開されたドキュメント IPublishedDocument Server Manager
失敗したジョブの公開 IFailedJob Server Manager

例えば、分割スクリプトのコンテクストオブジェクトにはIRecognizedPageインターフェースがあり、認識されたページのプロパティ (例: 高さ解像度テキスト、など) へのアクセスと認識されたページとの通信方法 (例:RemoveAllBlocks) を提供します。

こちらも参照してください:利用できるインターフェースの完全なリスト とそのメソッドおよびプロパティの説明。

ログ作成

各コンテキストオブジェクトは以下の2つのログ作成方法を提供します:

  • AddMessage(文字列) – このメソッドはコンテキストオブジェクトに情報メッセージを追加します。スクリプトの種類に応じて、コンテキストオブジェクトはジョブ、ページ、またはドキュメントです。情報メッセージは ジョブログに表示され、XML結果にも追加されます。
  • LogMessage(文字列) – このメソッドは イベントログにメッセージを記録します。

例:

// 自動インデックス作成スクリプト (C#)
doc.AddMessage(「このメッセージはジョブに現在あるドキュメントに追加されます。」);
doc.LogMessage(「このメッセージはイベントログに記録されます。」);

このセクションでは、以下のハウツーについて説明します:

29.11.2022 17:26:48

Please leave your feedback about this article

Usage of Cookies. In order to optimize the website functionality and improve your online experience ABBYY uses cookies. You agree to the usage of cookies when you continue using this site. Further details can be found in our Privacy Notice.