重複ファイルを処理から除外する方法

ドキュメントライブラリのようなワークフローは、同一ファイルのコピーを処理から省くことができます。これにより、ライセンスの消費ページを節約し、全般的なパフォーマンスを改善できます。

重複ファイルを除外するオプションは1. 入力タブ( ワークフローのプロパティダイアログ)にあります。このオプションが有効であると、最初に見つかったファイルだけが処理され、重複分は変更されずにソースフォルダに残されます。

ファイルの重複認識は、マスクに当てはまる各ファイルのハッシュの計算、比較を通して実行されます。

ワークフローが完了すると、ファイルの重複に関するレポートが作成されます。レポートには、発見された重複するファイルすべてに関する情報が含まれます。また、どのファイルが処理されたか、どのファイルがソースフォルダに変更されずに残されたかを説明する情報も含まれます。レポートはワークフローノード詳細ペインからアクセスできます。

注:重複ファイルを除外するジョブの作成 >フォルダごととの互換性はありません。

注:SharePointライブラリにカスタム列がある場合には、重複検索はDOC、DOCX、XLS、XLSX、PPT、PPTX形式のドキュメントでは機能しません。Microsoft SharePointはこの形式のファイルにカスタムプロパティを追加して変更するためです。

29.11.2022 17:26:48

Please leave your feedback about this article

Usage of Cookies. In order to optimize the website functionality and improve your online experience ABBYY uses cookies. You agree to the usage of cookies when you continue using this site. Further details can be found in our Privacy Notice.