XMLチケットでワークフロー設定を修正するには

ABBYY FineReader Serverを使用すると、XMLチケットを使用して、さまざまな情報をジョブに追加したり、ワークフロー設定を修正したり、メタデータを設定および編集できます。最も一般的に使用されるワークフロー設定は、UIを介して指定および変更できます。ただし、あまり頻繁に使用されない設定もあります。これらについては、XMLチケットファイルを使用してのみ変更できます。

XMLチケットを編集するには、下記の手順を実行します:

  1. FineReader Serverリモート管理コンソールを起動します。
  2. ワークフロー]ノードを選択します。
  3. コンテキストメニューから[設定のエクスポート...]コマンドを選択して、適切なワークフローをエクスポートします。
    注:ワークフローでログイン認証情報またはOAuthトークンを使用して外部サービス経由で認証する必要がある場合は、エクスポート時に機密データを保存するオプションを選択します。それ以外の場合は、一から承認する必要があり、パスワードを再度指定する必要があります。パスワードは覚えておく必要があります。Tip. すべてのワークフローを2回エクスポートすることをお勧めします。編集にはひとつのコピーを使用し、もうひとつはバックアップコピーとして保存しておきます。これにより、万が一に備えて、古いワークフロー設定に戻すことができます。
  4. 任意のテキストエディターを使用して、結果のXMLファイルを開きます。
  5. 必要に応じてパラメータを追加または修正し、変更を保存します。
  6. FineReader Serverリモート管理コンソールで、ワークフローを削除します。これを実行しないと、インポート時に同じ入力ディレクトリに関するエラーが発生します。
  7. 編集したXMLチケットファイルをインポートします。これを行うには、[ワークフロー]ノードを選択し、コンテキストメニューから[ワークフロー設定の読み込み...]を選択します。

29.08.2023 11:55:32

Please leave your feedback about this article

Usage of Cookies. In order to optimize the website functionality and improve your online experience ABBYY uses cookies. You agree to the usage of cookies when you continue using this site. Further details can be found in our Privacy Notice.