処理済みのファイルに情報を追加する方法

ABBYY FineReader Serverでは、XMLチケットを使用して、さまざまなタイプの情報をジョブに追加したり、ワークフローの設定を変更したり、メタデータを指定または変更したりすることができます。

出力PDFファイルにカスタマイズされた透かしを指定するには、次の手順を実行します:

  1. ワークフローのプロパティで、出力形式としてPDFを選択します。
  2. 透かしを作成します。テキストフィールドに、カスタム変数の名前を入力します。例:<CustomText>
  3. 3. ドキュメント分割タブで、次の分割スクリプトを入力します(この例ではJavaScriptを使用しています):

CustomText = UserProperty;

  1. 次のXMLチケットを作成します:

<XmlTicket>
<InputFile Name="test.png"/>
<UserProperty>サンプルテキスト</UserProperty>
</XmlTicket>

  1. ワークフローが監視する入力フォルダーにXMLチケットを入れ、処理が必要なファイルを追加します(この例では「test.png」という名前のファイルを使用しています)。出力test.pdfファイルには、「サンプルテキスト」という透かしが入ります。

XMLチケットのその他の使用例は、%PUBLIC%\ABBYY\ABBYY FineReader Server 14.0\Samples\XmlTicketsにあります。

29.11.2022 17:26:48

Please leave your feedback about this article

Usage of Cookies. In order to optimize the website functionality and improve your online experience ABBYY uses cookies. You agree to the usage of cookies when you continue using this site. Further details can be found in our Privacy Notice.