バーコードのタイプ

ABBYY FineReader Server 14 が認識するバーコードのタイプは以下のとおりです:

バーコードのタイプ 説明
2D: Aztec 2D:Aztec は高密度の 2 次元マトリックススタイルのバーコードで、256 バイトの ASCII 文字セット全体から最高で 3,750 文字までエンコードできます。この記号は、中央にブルズアイパターンを有する正方形グリッド上に構築されています。
2D: Data Matrix 2D:データ マトリックスは、四角形または三角形に配置された黒と白のモジュールからなる 2 次元マトリックス バーコードです。どのデータ マトリックスも、「L」型に隣接する 2 本の直線と、交互に現れる白モジュールと黒モジュールからなる 2 本の境界線で構成されます。この 2 本の境界線内は、セルのエンコード情報の行と列です。データ マトリックス バーコードは、最大で 2,335 種の英数字を保存できます。
2D: Maxi Code 2D:Maxi Code は、黒いモジュールを 1 インチの正方形に配置した 2 次元バーコードです。貨物輸送で、荷物の内容に関する情報(重量、インデックス番号、材料の種類、分類、危険度など)を指定するために使用されます
2D: Patch Code 2D:パッチコードは 1 文字長のバーコードで、データをエンコードせず、信号として機能します。バッチの分割、およびスキャナーの管理のためにのみ使用されます。
2D: PDF417 2D:PDF417 は可変長の 2 次元(2D)型積み重ねバーコードで、記号ごとに最大で 1,850 種の印刷可能 ASCII 文字、または 1,100 種のバイナリ文字を保存します。PDF417 はエラー修正のレベルを選択できる設計になっています。高データ容量であるため、ラベル付けされたドキュメントやアイテムとともに大量のデータを移動させる必要があるアプリケーションで役立ちます。
2D: QR Code 2D:QR コードは 2 次元のマトリックス バーコードです。このバーコードは隅に 3 つの大きな四角形(登録マーク)があり、これによってバーコードの上部を定義します。登録マークの間にある範囲の黒白の四角形は、エンコードされたデータとエラー修正キーです。QR コードは 4,000 種を超える ASCII 文字をエンコードできます。
Codabar Codabar はセルフチェック型の可変長バーコードで、16 種のデータ文字をエンコードできます。主に数値データで使用されますが、6 種の特殊文字もエンコードします。Codabar は小数点、プラス記号、マイナス記号をエンコードできるため、ドルや数字のエンコードに便利です。
Code 128 Code 128 は英数字からなる非常に高密度かつコンパクトな可変長バーコード スキームで、128 ASCII 文字セットをすべてエンコードできます。各文字は 3 本のバーと 3 つのスペースで表され、合計 11 モジュールとなっています。各バーまたはスペースは 1、2、3、4 モジュール幅です。バーを表すモジュールの合計は偶数で、スペースを表すモジュールの合計は奇数です。3 つの開始文字はそれぞれ異なっており、3 つの文字セットのいずれかを選択するために使用されます。
Code 2 of 5: IATA Code 2 of 5:IATA は、数字で構成される可変長バーコードです。これは IATA(国際航空輸送協会)によって設計されたバーコード規格です。この規格はすべての航空券で使用されています。
Code 2 of 5: Industrial Code 2 of 5:インダストリアルは数字のみからなるバーコードで、以前から使われています。Code 2 of 5: とは異なり、インターリーブはすべての情報がバーにエンコードされています。スペースは固定長で、バーを分割するためにのみ使用されています。コードはセルフチェック型で、チェックサムを含んでいません。
Code 2 of 5: Interleaved Code 2 of 5:インターリーブは数字からなる可変長(2 の倍数)、高密度、セルフチェック型の数字のバーコードで、5 つの黒バーと 5 つの白バーで文字を定義します。黒バーに 1 つの桁、白バーにもう 1 つの桁というように、各文字で 2 桁エンコードされています。2 つの黒バーと 2 つの白バーは幅が広くなっています。その他のバーは幅が狭くなっています。
Code 2 of 5: Interleaved, with check digit

Code 2 of 5:インターリーブ、チェックデジットありは、Code 2 of 5:インターリーブバーコードのサブセットであり、 チェックサムを含んでいます。

このバーコードをスクリプトで使用するには、3. ドキュメント分割タブまたは Configuration.xml 設定ファイルの AllowedBarcodes 属性のシナリオの処理設定で明確に指定します。

Code 2 of 5: Matrix スタンダード 2 of 5 は自己チェック型で数字のみのバーコードです。インターリーブ 2 of 5 とは違い、すべての情報がバーにエンコードされています。スペースは固定長で、バーを分割するためにのみ使用されています。マトリックス 2 of 5 は主に倉庫の仕分け、写真の仕上げ、航空会社のチケット マーキングに使用されています。
Code 32

Code 32 (イタリア薬局方) は、英数字バーコードであり、Code 39 バーコードのサブセットです。8 文字と 1 チェック文字をエンコードします。各シンボルは、5 本の黒と 4 本の白の平行線で表示されます。バーコードの 3 行は広く、6 行は狭くなっています。コードの前に、ASCIIコードの「A」記号が付きますが、バーコードには含まれていません。

このバーコードをスクリプトで使用するには、3. ドキュメント分割タブまたは Configuration.xml 設定ファイルの AllowedBarcodes 属性のシナリオの処理設定で明確に指定します。

Code 39 Code 3 of 9 とも呼ばれる Code 39 は、英数字からなるセルフチェック型の可変長バーコードで、5 つの黒バーと 4 つのスペースを使って文字を定義します。エレメントのうち 3 つは幅が広く、6 つは幅が狭くなっています。
Code 39: Full ASCII Mode

Code 39:フル ASCII モードは、Code 39 バーコードの拡張バージョンです。基本的な Code 39 に存在しない ASCII 記号は、2 つの基本的な文字の組み合わせとしてここに含まれています。

このバーコードをスクリプトで使用するには、3. ドキュメント分割タブまたは Configuration.xml 設定ファイルの AllowedBarcodes 属性のシナリオの処理設定で明確に指定します。

Code 39: with check digit

Code 39: チェックデジットありは、チェックサムを伴う Code 39 バーコードです。

このバーコードをスクリプトで使用するには、3. ドキュメント分割タブまたは Configuration.xml 設定ファイルの AllowedBarcodes 属性のシナリオの処理設定で明確に指定します。

Code 39: without asterisk

Code 39: アスタリスクなしは、開始および終了シンボルであるアスタリスクサイン「*」がない Code 39 バーコードです。

注:ABBYY Recognition Serve では、アスタリスクなしの Code 39 タイプのバーコードだけが、ドキュメント分割で使用できます。

このバーコードをスクリプトで使用するには、3. ドキュメント分割タブまたは Configuration.xml 設定ファイルの AllowedBarcodes 属性のシナリオの処理設定で明確に指定します。

Code 93 Code 93 は可変長バーコードで、47 文字をエンコードします。Code 93 と呼ばれる理由は、すべての文字が 9 つのエレメントで構築されており、3 つのバーとそれに隣り合うスペースで配置されているためです。Code 93 は Code 39 の圧縮版であり、Code 39 を補完するために設計されました。
EAN 13 EAN (欧州商品コード)システムは、生産国を必要とする製品に使用されています。これは固定長のバーコードで、13 文字をエンコードするために使用されます。最初の 2 文字は生産国を特定し、次の文字はデータ文字、最後の文字はチェックサムです。
EAN 8 EAN (欧州商品コード)システムは、生産国を必要とする製品に使用されています。これは固定長のバーコードで、8 文字をエンコードするために使用されます。最初の 2 文字は生産国を特定し、次の文字はデータ文字、最後の文字はチェックサムです。
GS1-128 (UCC/EAN-128) このタイプのバーコードは 19 桁のバーコードで、20 桁目はチェックディジットです。そのため合計 20 桁となります。これは通常、カートン(段ボール箱)の特定に使用されています。社内のカートンナンバリング、および顧客へ配送するカートンの UCC-128 バーコードで使用されます。
Postal: Australia 4-State 郵便:Australia 4-State は、オーストラリアポストが使用する可変長バーコードです。各バーコードは、4 種類の 37 本から 67 本の垂直バーで構成されています。各バーは中央部分(この部分のみを含むバーはトラッカー/ショートバーとも呼ばれます)で構成され、上部(昇順バー)、下部(降順バー)、またはその両方(フルバー)を含むことがあります。各バーコードには、フォーマット制御コードフィールド(2 桁)、ソートコードフィールド(8 桁)、および顧客情報フィールド(最大 10 文字の英数字)の 3 つのフィールドがあります。顧客情報フィールドは、顧客が指定するものです。顧客は、自分のエンコーディングまたは顧客バーコード技術仕様のエンコーディングテーブルを使用できます。
Postal: Japan 4-State 郵便番号:日本の 4-State(日本の郵便バーコードまたはカスタマバーコード)は日本郵便が使用するバーコードです。21のバーに7桁の英数字、39のバーに最大13の英数字をエンコードします。また、チェックサムおよび開始文字、終了文字も含まれます。
Postal: KIX (Dutch) 郵便:KIX (オランダ)は、オランダの郵便サービス PostNL で使用されているバーコードです。これは、開始文字、終了文字、およびチェックサムを除いたRoyal Mail 4-Stateバーコードの簡易版です。
Postal: Royal Mail 4-State (RM4SCC) 郵便:Royal Mail 4-State (RM4SCC) は、英国の Royal Mail で使用されているバーコードです。4種類の垂直バーで構成されています。各バーには中央セクション(中央セクションのみを含むラインはトラッカーと呼ばれます)、アセンダ(上部セクション)、ディセンダ(下部セクション)、またはその両方(「フルハイト」と呼ばれます)を含めることができます。このバーコードは、開始文字、終了文字、およびチェックサムを使用します。これらは文字としてエンコードされます。

Intelligent Mail Barcode

(USPS4CB)

Intelligent Mail バーコード(IM バーコード)は、最大 31 桁の郵便配達ルートおよび手段の情報をエンコードすることができるバーコードです。4 タイプの 65 の垂直のバーを含み、それぞれが中央部(この部分のみを含むバーはトラッカーとも呼ばれます)および上部(アセンダー)、下部(ディセンダ-)またはその両方(フルバー)から構成されます。65 のバーが 10 の 13 ビット文字、合計 130 ビットを表します。各文字は 2、5、8 または 11 ビットのセットを含み、各文字のハミング距離は最低でも 2 です。このため、文字のシングルビットエラーが自動で検出され、修正されます。Intelligent Mail バーコードは米国郵便サービスにより使用されています。
Postal: USPS PostNet Postnet(郵便数値符号化技術)は、一定のバーやスペース幅を使用する固定長のバーコード(5、6、9、11 文字)です。情報は 2 つの値の間にあるバーの高さを変えることでエンコードされています。Postnet バーコードは封筒やはがきの右下隅にあり、自動機器により高速で郵便物を処理し、郵送価格を下げるために使用されています。
UPC-A UPC-A(ユニバーサル プロダクト コード)バーコードは、チェックサムも含めて合計で 12 桁です。各桁は 7 ビットシーケンスで表され、一連のバーとスペースの交互の組み合わせによってエンコードされます。UPC-A は米国の小売店で販売される製品のマーキングに使用されます。2 桁または 5 桁の補完コードを伴う UPC-A コードはサポートされていません。
UPC-E UPC-E バーコードは UPC-A バーコードの短縮版です。データ文字およびチェックサムを 6 文字に圧縮します。このバーコードは、最小のバーコードであるため、小包に最適です。2 桁または 5 桁の補完コードを伴う UPC-E コードはサポートされていません。

29.11.2022 17:26:48

Please leave your feedback about this article

Usage of Cookies. In order to optimize the website functionality and improve your online experience ABBYY uses cookies. You agree to the usage of cookies when you continue using this site. Further details can be found in our Privacy Notice.