ライセンスマネージャーコンソールでFineReader Serverを有効化する

ライセンスマネージャーコンソール(LMC)は、コマンドラインを使ってFineReader Serverのライセンスを管理できるコンソールツールです。特に、FineReader Serverを自動的に展開する際に役に立ちます。このツールはインストレーションパッケージに含まれており、通常はBinフォルダ(C:\Program Files\ABBYY FineReader Server 14.0\Bin\LicenseManager.Console.exe)にあります。

LMCを使ってローカルライセンスを有効化するには、以下の手順に従ってください:

  1. 以下のコマンドラインでライセンスを有効化します:

.\LicenseManager.Console.exe /activate:${serialNumber}

  1. サービス再起動権限でコマンドを使ってManager Serviceを再起動します:

Restart-Service -Name ABBYY.Server.FineReaderServer.14.0

LMCを使ってオンラインライセンスを有効化するには、以下の手順に従ってください:

  1. 予めオンラインライセンスを有効化してから、ライセンスノードショートカットメニューでオンライントークンをエクスポートして保存します。
  2. 以下のコマンドを使ってオンラインライセンストークンをインポートします:

.\LicenseManager.Console.exe /LoadOnlineToken:${pathToToken}

  1. 以下のコマンドがシリアル番号を返すまで待ってください(通常かかる時間は1分未満です):
    .\LicenseManager.Console.exe /ListAvailableLicenses
  2. サービス再起動権限でコマンドを使ってManager Serviceを再起動します:

Restart-Service -Name ABBYY.Server.FineReaderServer.14.0

注:オンラインライセンスを有効化する際、アクティブサーバーの最大数を指定するパラメータに注意してください。その数値に到達すると、次に設定する新しいサーバーでそのライセンスが使えなくなります。再びそのライセンスを使えるようにするには、現在アクティブなサーバーを無効にし、同期周期2回分だけ待ってください。

29.11.2022 17:26:48

Please leave your feedback about this article

Usage of Cookies. In order to optimize the website functionality and improve your online experience ABBYY uses cookies. You agree to the usage of cookies when you continue using this site. Further details can be found in our Privacy Notice.