処理ステーションを特定のワークフローに割り当てる方法

ジョブは、元のワークフローに関係なく、使用可能な処理ステーションに送信されます。ジョブは、ワークフローのプロパティで指定できる優先度順に処理するためにキューに入れられます。詳細については、ダイアログボックス:ワークフローのプロパティ、タブ:一般を参照してください。処理キューがすでに満杯である場合、優先度の高い新しいジョブは、処理ステーションが使用可能になるのを待ちます。

すべての重要なジョブがすぐに処理されるようにするために、ABBYY FineReader Server14リリース3アップデート3以降では、処理ステーションを特定のワークフローに割り当てることができます。一部の処理ステーションはより高い優先度のジョブのワークフローに割り当てることができますが、他の処理ステーションは通常の優先度のジョブのワークフローに割り当てることができるようになりました。

これは、以下のような場合に必要になります。

  1. 特定の処理ステーションにOfficeスイート(MSOfficeやLibreOfficeなど)をインストールする場合。ライセンスやセキュリティ上の制限により、これらをすべてのマシンにインストールできない場合があります。
  2. 単一のABBYYFineReaderサーバーでさまざまなクライアントからのジョブを処理する場合。この場合、特定の処理ステーションを特定のクライアントのワークフローに割り当てる必要があります。

処理ステーションを特定のワークフローに割り当てるには、次の手順を実行します。

  1. 処理ステーションのグループを作成します。詳細については、処理ステーションのグループを作成する方法を参照してください。
    グループの一部ではない処理ステーションは、ワークフローに割り当てられない場合があります。ただし、このようなグループには、単一の処理ステーションが含まれる場合もあります。
  2. ワークフローノードで、1つまたは複数のワークフローを選択します。ドロップダウンメニューのステーショングループの割当で1つまたは複数の処理ステーションのグループを選択します。

29.11.2022 17:26:48

Please leave your feedback about this article

Usage of Cookies. In order to optimize the website functionality and improve your online experience ABBYY uses cookies. You agree to the usage of cookies when you continue using this site. Further details can be found in our Privacy Notice.