RecognizedPageオブジェクト

RecognizedPageオブジェクト

このオブジェクトは現在のページを表します。文書の分割スクリプトで使用されます。文書の分割は文書の最初のページと削除するページを示して実行されます。このオブジェクトを使用して、(ページのコンテンツやプロパティにより)そのページが文書の最初のページか、削除すべきページかを特定することができます。認識されたページには、それぞれレイアウト分析中に検出されたブロックが含まれます。ブロックは画像エリアがどのように、どの順番で認識されるか、認識されたテキストが含まれるかをを決定します。TextBlocksTableBlocksBarcodeBlocks プロパティを通して、対応するブロックの認識されたテキストやページのブロック位置にアクセスできます。

プロパティ

名前 タイプ 説明
BarcodeBlocks BarcodeBlocks、読み込みのみ ページレイアウトのすべてのバーコードブロック。
BarcodeText String

分割バーコードのテキスト。指定されたタイプのバーコードで最初に見つかったものが変数に割り当てられます。

スクリプトをトリガーした、ワークフローの設定で「文書の分割にバーコードを使用する」?分割方法が選択されている場合、このプロパティ値は自動で入力されます。分割する際、文書は最初のページのプロパティ値を継承します。その他のページのプロパティ値はなくなります。このテキストは出力ファイルの命名に使用できます。<Barcode>タグを使用して、このテキストを出力ファイルの命名スキームに含めることができます。

このプロパティの値は文書の分割スクリプトを使用して変更できます。

CustomText String 任意のカスタムテキスト。分割する際、文書は最初のページのプロパティ値を継承します。その他のページのプロパティ値はなくなります。このテキストは出力ファイルの命名に使用できます。<CustomText>タグを使用して、このテキストを出力ファイルの命名スキームに含めることができます。
DiscardJob Boolean このプロパティがTRUEに設定されている場合、現在のページを含むジョブ全体がスクリプト終了後即座に破棄されることを意味します。
Height Long、読み込みのみ レイアウトの高さ(ピクセル)
InputFileProperties InputFile、読み込みのみ 現在のページを含む入力ファイルを表します。
IsForDeletion Boolean このプロパティがTRUEに設定されていると、そのページは文書の分割中に削除されることを意味します。
IsSecondInSplit Boolean、読み込みのみ このプロパティの値がTRUEの場合、そのページは分割された見開きページの後半部です。
IsStartingPage Boolean このプロパティがTRUEに設定されている場合、文書の分割中に新しい文書がこのページから開始されることを意味します。
JobProperties JobProperties、読み込みのみ 現在のページを含むジョブを表します。
PageIndex Long、読み込みのみ 入力画像ファイルのページインデックス。ページインデックスはページ番号から1を引いたものです。このプロパティの値は0からInputFileProperties.TotalPages - 1の間の数です。
PageNumber Long、読み込みのみ 入力画像ファイル内のページ番号。このプロパティは1からInputFileProperties.TotalPagesの間の数です。
Resolution Long、読み込みのみ レイアウト解像度。
Statistics Statistics、読み込みのみ ページ処理統計。
TableBlocks TableBlocks、読み込みのみ ページレイアウトのすべてのテーブルブロック。
Text String、読み込みのみ すべてのブロックの連結テキストを含む文字列。
TextBlocks TextBlocks、読み込みのみ ページレイアウトのすべてのテキストブロック。
PictureBlocks PictureBlocks、読み込みのみ ページレイアウトのすべての写真ブロック。
UserProperty String これはその値を文書の以降の各ページに伝えるカスタムプロパティです。デフォルトでは、空の文字列が含まれます。この値が特定のページで変更されたら、変更された値がそれ以降のすべてのページに伝播されます。
Width Long、読み込みのみ レイアウトの幅(ピクセル)。
WorkflowName String このプロパティを持つページを含むファイルを処理する際に使用されるワークフロー名。

方法

名前 パラメータ 説明
LogMessage [in] String - Applicationログに記録されるメッセージ。 スクリプトが実行されるマシンのApplicationログに文字列を書き込みます。
RemoveAllBlocks なし。 ページ内の全てのブロックを削除します。
SaveImage [in] String - 保存されるファイル名。 ページの画像を圧縮なしのTIFFファイル形式で、元の画像と同じ色で保存します。
こちらも参照してください:

文書の分割のためのスクリプトを作成中

11/29/2022 5:26:48 PM

Please leave your feedback about this article

Usage of Cookies. In order to optimize the website functionality and improve your online experience ABBYY uses cookies. You agree to the usage of cookies when you continue using this site. Further details can be found in our Privacy Notice.