ABBYY FineReader Server 14 ライセンスについて

ABBYY FineReader Server 14の使用を開始する前に、ライセンスをアクティブ化する必要があります。ABBYY FineReader Server 14のライセンスには、以下の3つのタイプがあります。

  • ローカル
    ローカルライセンスは、 ABBYY FineReader Server 14がインストールされているコンピューターにローカルに保存され、シリアル番号またはライセンスファイルを使用してアクティブ化されます。
  • オンライン
    オンラインライセンスはABBYYライセンスサーバーに保存され、最初にシリアル番号またはライセンスファイルを使用してアクティブ化されます。その後、ライセンストークンを使用して他のマシンでアクティブ化できます。
    注:FineReader Server でオンラインライセンスを使用するには、FineReader Server 14 R2 Update 2 以降のバージョンを使用する必要があります。
  • ハードウェア
    ハードウェアライセンスはUSBキーに保存され、サーバーマネージャーがインストールされているコンピューターにUSBキーを差し込むと自動的にアクティブ化します。

ライセンスのアクティブ化

ABBYY FineReader Server 14をインストールした後、リモート管理コンソールを起動します。ライセンスマネージャウィンドウが開きます。

以降の手順は、ライセンスの種類、シリアル番号、ライセンスファイル、USBキー、またはライセンストークンのいずれを持っているかによって異なります。

注:ライセンスマネージャーウィンドウが開かない場合、リモート管理コンソールの ノードのショートカットメニューを使用して、以下の手順を実行します。

  1. シリアル番号またはライセンスファイルがある場合は、シリアル番号またはライセンスファイルで認証を選択します。これによりアクティベーションウィザードが起動し、以下の4つのオプションが提示されます。
    1. インターネット経由
      アクティベーションプロセスは自動的に実行され、数秒しかかかりません。このタイプのアクティベーションには、アクティブなインターネット接続が必要です。
    2. メールで
      プログラムは、アクティベーションに必要なすべてのデータを含む電子メールメッセージを自動的に作成します。次に、この電子メールメッセージをABBYYに送信する必要があります(電子メールアドレスを入力します)。アクティベーションボットから迅速に返信を受け取るために、電子メールメッセージの件名や本文を変更しないでください。返信にてライセンスファイルを受け取ります。そのファイルを適切な場所に保存してから、アクティベーションウィザードに戻り、ウィザードの対応するフィールドにライセンスファイルへのパスを指定します。
    3. 別のコンピューターからメールで
      アクティベーションに必要なすべてのデータを指定して、電子メールメッセージを手動で作成する必要があります。返信にてライセンスファイルを受け取ります。そのファイルを適切な場所に保存してから、アクティベーションウィザードに戻り、ウィザードの対応するフィールドにライセンスファイルへのパスを指定します。
    4. ライセンスファイルの読み込み
      既にライセンスファイルがある場合は、このオプションを選択し、アクティベーションウィザードの対応するフィールドでライセンスファイルへのパスを指定します。

ライセンス認証処理が完了すると、プログラムを使用できるようになります。ライセンスとその制限に関する詳細については、「ライセンス制限」を参照してください。

  1. ライセンストークンがある場合(つまり、シリアル番号またはライセンスファイルを使用して初期アクティベーションを実行し、 *.ABBYY.Tokenファイルを生成した場合)ライセンスとトークンファイルで認証を選択します。表示されたダイアログボックスでライセンストークンを選択し、開くをクリックします。ABBYY FineReader Server 14は、ABBYYライセンスサーバーからライセンスデータをダウンロードします。

注:ライセンストークンの詳細については、オンラインライセンスを参照してください。

  1. USBキーがある場合は、ハードウェア保護キーで認証を選択して、サーバーマネージャーがインストールされているコンピューターにUSBキーを接続します。これ以上の手順は必要ありません。

注:リモートコンピューターでUSBキーを使用してABBYY FineReader Server 14ライセンスをアクティブ化することはできません。USBキーの詳細については、ハードウェア保護キーを参照してください。

ABBYY FineReader Server 14の再インストール

ABBYY FineReader Server 14は、同じコンピューターに何度でも再インストールできます。ただし、ローカルライセンスを所有していて、ABBYY FineReader Server 14を1台のコンピューターから削除して別のコンピューターにインストールする必要がある場合は、まずローカルライセンスを非アクティブ化する必要があります。

非アクティブ化はインターネット経由で実行可能であり、数秒しかかかりません。1台のコンピューターでローカルライセンスを非アクティブ化すると、ABBYY FineReader Server 14がインストールされている他のコンピューターでそれをアクティブ化することができます。

ローカルライセンスを非アクティブ化できる回数に制限がある場合があります。

注:ハードウェアライセンスまたはオンラインライセンスの場合、非アクティブ化は必要ありません。ハードウェアライセンスを所有している場合は、ABBYY FineReader 14をインストールする他のコンピューターにUSBキーを差し込むだけです。オンラインライセンスを所有していて、別のコンピューターでオンラインライセンスをアクティブ化するには、ライセンストークンを取得する必要があります(詳細については、オンラインライセンスを参照してください)。

ライセンスの更新

追加のABBYY FineReader Server 14モジュールまたはページを購入してもアクセスできない場合は、ライセンスを更新する必要があります。更新プロセスはアクティベーションプロセスに似ており、ライセンス更新ウィザードを使用して実行されます。更新が完了すると、追加のモジュールまたはページが利用可能になります。

こちらもご参照ください。

ライセンスノード

ライセンス制限

オンラインライセンス

ハードウェア保護キー

11/29/2022 5:26:48 PM

Please leave your feedback about this article

Usage of Cookies. In order to optimize the website functionality and improve your online experience ABBYY uses cookies. You agree to the usage of cookies when you continue using this site. Further details can be found in our Privacy Notice.