パスワードとトークンの暗号化

ABBYY FineReader Server 14で使用されるパスワードとトークンは、256ビットAES暗号化キーを使用して暗号化され、市販されている最強の暗号化標準を提供します。デフォルトでは、このキーは静的です。つまり、寿命に制限はありません。必要に応じて、次のコマンドを使用して暗号化キーを更新できます:%InstallationDir%\ConfigureOCRServer.exe /RenewKeyset。

重要事項!キーを生成する前に、ABBYY.Server.FineReaderServer.14.0サービスを停止する必要があります。

FineReader Server 14 Release 4以降から、一定期間後にキーを自動的に更新するポリシーを設定することもできます。これは、下記の手順で実行できます:

  1. ABBYY.Server.FineReaderServer.14.0サービスを停止します。
  2. Execute the following command: %InstallationDir%\ConfigureOCRServer.exe /SetKeyLifetime=<新しいトークンの期限日数>を実行します。このコマンドは、新しいトークンの期限を設定します。
  3. 次のコマンドを実行します:%InstallationDir%\ConfigureOCRServer.exe /RenewKeyset。このコマンドは、指定された期限を用いてキーを更新します。
  4. ABBYY.Server.FineReaderServer.14.0サービスを再起動します。

これにより、新しいキーが生成されます。有効期限が切れると、キーが自動的に更新されます。キーの有効期限を手動で確認するには、次のコマンドを実行します:%InstallationDir%\ConfigureOCRServer.exe /GetCurrentKeyExpiration。

29.08.2023 11:55:32

Please leave your feedback about this article

Usage of Cookies. In order to optimize the website functionality and improve your online experience ABBYY uses cookies. You agree to the usage of cookies when you continue using this site. Further details can be found in our Privacy Notice.