RTF/DOC/DOCX出力フォーマット設定ダイアログボックス

このダイアログボックスでは RTF/DOC/DOCX フォーマット設定を指定できます。

認識されたテキストを RTF/DOC/DOCX ファイルに保存し、Microsoft Word に送信するためのパラメータを設定します:

オプション名 オプションの説明
文書のレイアウトグループ

文書のレイアウト

(ドロップダウンリスト)

レイアウトの保持を設定 次のオプションが使用できます。

  • 正確性重視
    元のドキュメントの書式を持つドキュメントが作成されます。 このモードは、販売促進用パンフレットなどのようにレイアウトが複雑なドキュメントに推奨されます。 ただし、このオプションでは出力ドキュメントのテキストと書式を変更する機能が制限されることにご注意ください。
  • 編集重視
    元の書式とテキストの方向をほぼ保持し、かつ編集が容易なドキュメントが作成されます。
  • 書式付きテキスト
    フォント、フォント サイズ、および段落は保持されますが、ページ上のオブジェクトの正確な位置やピッチは保持されません。 結果のテキストは左詰めになります。(右から左に書かれたテキストは右詰めになります)。
    注:このモードでは、縦書きのテキストは横書きに変更されます。
  • プレーンテキスト
    書式付きテキストモードとは異なり、このモードでは書式は保持されません。
画像を保持する

認識されたテキストで画像を保持する場合にはこのオプションを選択します。

デフォルトではこのオプションが設定されています。

注:出力ファイルで画像が保存されるフォーマットは 2 つの画像プロパティに基づき自動で選択されます: カラータイプ(モノクロ、グレースケールまたはカラー)およびカラーバラエティ(低または高)。 モノクロ画像は常に PNG フォーマットで保存されます。 グレースケールおよびカラー画像はカラーバラエティが低い場合は、PNG フォーマットを使って、また、カラーバラエティが高い場合は、JPEG フォーマットを使って保存されます

改行およびハイフンを維持する 元のテキスト行の配置を出力テキストで保持します。
デフォルトの用紙サイズ グループ

デフォルトの用紙サイズ

(ドロップダウンリスト)

RTF、DOC、DOCX フォーマットで保存するための用紙サイズを設定します。

注: 適切な用紙サイズがリストに見当たらない場合には、使用する - カスタム - サイズを追加できます。 これを実行するには、カスタム用紙サイズの追加...アイテムをリストから選択し、表示されるカスタム用紙サイズダイアログボックスにカスタム用紙サイズの名前、高さ、幅を指定します。

コンテンツが用紙に収まらない場合に用紙サイズを上げない ページサイズを認識されたテキストに合わせて自動で増加したくない場合には、このオプションを選択します。
信頼度の低い文字の背景色を強調表示する 不確かな認識文字が背景色と共に強調表示されるよう希望する場合にはこのオプションを選択します。
Microsoft Word 97-2003 (*.doc)との互換性 出力される Microsoft Word ドキュメントを DOC 形式で保存する場合は、このオプションを選択します。
既存のドキュメントメタデータを削除 タイトル、作成者、タグなどを含む元のメタデータをドキュメントから削除します。

注:アラビア語のドキュメントを正しく表示するには、Microsoft Office の編集言語としてアラビア語を選択する必要があります。これを手動で選択するには、開始画面を開き、 Microsoft Office -> Office ツール -> Office 言語設定の順にクリックし、編集言語のリストにアラビア語を追加します。

こちらも参照してください:

出力フォーマット設定ダイアログボックス

29.11.2022 17:26:48

Please leave your feedback about this article

Usage of Cookies. In order to optimize the website functionality and improve your online experience ABBYY uses cookies. You agree to the usage of cookies when you continue using this site. Further details can be found in our Privacy Notice.