CSV出力フォーマット設定ダイアログボックス

このダイアログボックスでは CSV フォーマット設定を指定できます。

認識されたテキストを CSV ファイルに保存するためのパラメータを設定します:

オプション名 オプションの説明
テキスト設定 グループ
表の外側のテキストを無視する 表を CSV ファイルに保存したい場合にのみこのオプションを選択します。
複数のページを分割するためにページ分割の挿入 (#12) 元のページ区切りを CSV フォーマットでも保持したい場合には、このオプションを選択します。

フィールド区切り

(ドロップダウンリスト)

CSV ファイルのフィールドを区切る文字を選択します。
文字のエンコード グループ

エンコードタイプ

(ドロップダウンリスト)

CSV フォーマットの出力ファイルのエンコードのタイプを指定します:

  • シンプル
    シンプルエンコード、シンボルごとに 1 バイトv
  • Unicode UTF-16
    ネイティブ Unicode フォーマット 1 つのシンボルが 2 バイトシーケンスで表現されます。
  • Unicode UTF-8
    Unicode UTF-8 フォーマット。 UTF-8 は、バイトのストリングを使って ASCII テキスト(<=U+007F) が 1 バイトのまま変更されずに残る 16 ビット Unicode ストリングを表します。 U+0080-07FF(ラテン語、ギリシャ語、キリル文字、ヘブライ語、アラビア語含む)およびU+0800-FFFF(中国語、日本語、韓国語、その他)は 3 バイトシーケンスになります。

コードページ

(ドロップダウンリスト)

デフォルトでコードページは自動で検出されます。(自動)値を選択して、自動検出を使用します。 必要な場合にはコードページを手動で選択し、リストから必要な値を選択します。
こちらも参照してください:

出力フォーマット設定ダイアログボックス

11/29/2022 5:26:48 PM

Please leave your feedback about this article

Usage of Cookies. In order to optimize the website functionality and improve your online experience ABBYY uses cookies. You agree to the usage of cookies when you continue using this site. Further details can be found in our Privacy Notice.