ワークフロープロパティのダイアログボックスの[ 3. ドキュメント分割 ]タブ

3. ドキュメント分割 タブには、ドキュメントの分割オプションが含まれます。ドキュメントの分割に関する詳細情報はドキュメントの分割の設定セクションを参照してください。

ドキュメントの分割オプションでは高速スキャナでスキャンされた画像のバッチをドキュメントに分割することができます。各ドキュメントは、別々の出力ファイルに保存されます。ドキュメントの分割は、ジョブ内で実行されます。

オプション名 オプションの説明

希望するドキュメントの分割方法を選択します。デフォルトでは、各ジョブに 1 つのドキュメントが作成されます。1. 入力タブで指定された入力フォルダのタイプによって、異なる分割方法が利用できます:

  • 各ジョブごとに1つのドキュメントを作成
  • ジョブの各ファイルに1つのドキュメントを作成
  • 次の位置で新しい文書を開始Nページ
  • 空白ページの後に新しいドキュメントを開始
  • バーコードページの後に新しいドキュメントを開始
    注:コード32バーコードは、コード39 バーコードのサブタイプであり、あまり一般的ではないため、ドキュメントの分割中にコード39バーコードとして認識されます。コード32タイプのバーコードを適切に認識するには、ワークフロー設定で明示的に選択する必要があります。

Exchange メールボックス (非推奨) および POP3 メールサーバーのソースでは、選択できる分割方法は 各ジョブごとに1つのドキュメントを作成 または ジョブの各ファイルに1つのドキュメントを作成 だけです。

詳細についてはドキュメントの分割の設定を参照してください。

バーコードのタイプ

(ドロップダウンリスト)

ドキュメントの分割に使用するバーコードのタイプを指定します。このオプションは、バーコードのあるページから新しい文書を開始する方法が選択された場合にのみ利用可能です。

注:プログラムによって認識されず、検証段階で手動で編集されたバーコードは、ドキュメントの分割には影響しません。

注:ドキュメントの分割のためにアスタリスクなしのCode 39タイプのバーコードを使用する場合、必ずこのタイプをドロップダウンで選択してください。

また、ドロップダウンリストの隣の行に正規表現を追加して、バーコードを厳密に指定することもできます。

バーコードページの削除

(フラグ)

分割後、バーコードのページを削除するかどうかを指定します。

空白ページの削除

(フラグ)

分割後、空白ページを削除するかどうかを指定します。

空白ページの削除...

(ボタン)

ブラックページの検出ダイアログボックスを開きます。以下のオプションのいずれかが有効になっていると、このボタンがクリック可能になります:

  • 空白ページの後に新しいドキュメントを開始;
  • 空白ページの削除.
以下で手動文書アセンブリを許可

このオプションによって、検証および/またはインデックス作成の段階で手動ドキュメント組み立てモードを有効にできます。

選択された段階で、1つのジョブからのドキュメントが1人のオペレータに割り当てられ、これによってそのオペレータは自動ドキュメント分割の誤りを修正できます。

このモードが有効になっていると、オペレーターがすべてのドキュメントに対して判断を下さないと、ジョブは公開されません。

スクリプト...

(ボタン)

独自の分割シナリオを実装するスクリプトテキストを入力するスクリプトエディタダイアログボックスを開きます。詳細に関しては、ドキュメント分割のためのスクリプトの作成を参照してください。
こちらも参照してください:

ドキュメント分割の設定

ワークフロープロパティダイアログボックスの処理タブ

11/29/2022 5:26:48 PM

Please leave your feedback about this article

Usage of Cookies. In order to optimize the website functionality and improve your online experience ABBYY uses cookies. You agree to the usage of cookies when you continue using this site. Further details can be found in our Privacy Notice.