セキュアコネクションを介してAPIにアクセスする方法

HTTPSプロトコルを使用して、セキュアコネクションでAPIへのコールを送信することができます。このために、SSLサポートをIIS設定で有効にする必要があります。

HTTPプロトコルでIISを操作するには、サーバーマネージャーの証明書を取得し、これを接続する必要があります。

証明書の管理

参照:http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc754122.aspx

Windowsを使ってIISの証明書に接続する場合

IIS設定で、デフォルトのウェブサイトのためにHTTPSプロトコルを接続します。このために、以下を実行します:

  1. コントロールパネルから、IISマネージャーコンソールを実行します。
  2. デフォルトのウェブサイトを選択し、アクションパネルでバインディングリンクをクリックします。

  1. 表示されたダイアログボックスで「追加」をクリックし、「タイプ」ドロップダウンボックスでhttpプロトコルを選択します。
  2. SSL証明書ドロップダウンリストから、希望する証明書を選択して「OK」をクリックします。

  1. サイトをhttpsからのみ利用できるようにしたい場合には、サイトをツリーから選択してSSL設定を開き、「SSLを要求」オプションを選択します。

注:クライアント証明書の検証は行われないので、SSLの設定時に、クライアント証明書のオプションの値を「無視する」に設定します。

証明書が接続されたら、「https」プロトコルをServer Managerのアドレスに記載し、コンピュータ名が証明書が発行された名前と一致する必要があります:https://<server name>。

これは以下の場合に必要となります:

  1. 処理ステーションでサーバーマネージャーのアドレスを指定する場合。アドレスを指定する場合は、以下を実行します:
    • 処理ステーションを起動する。
    • 処理ステーションのローカルメニューで「サーバーマネージャーの変更」の項目を選択する。
    • 表示されるダイアログで、アドレスを指定します:https://<server name>
  2. ユーザーステーションで作業する場合は、ステーション起動時やプロジェクトを開いた時に、サーバーマネージャーのアドレスhttps://<server name>が指定されている必要があります。

29.11.2022 17:26:48

Please leave your feedback about this article

Usage of Cookies. In order to optimize the website functionality and improve your online experience ABBYY uses cookies. You agree to the usage of cookies when you continue using this site. Further details can be found in our Privacy Notice.