APIを使用してワークフロー統計を取得する方法

ABBYY FineReader Server 14では、APIを使用して、処理されたジョブに関するさまざまなワークフロー固有の統計を取得することができます。

これらの統計は、次のような目的に利用可能です。

  • システムとそのパフォーマンスを監視する
  • システムを他のシステムと統合する
  • 情報パネルを作成する

レスポンスには、処理されたページとジョブに関する統計、および現在のワークフローステータスとその稼働時間が含まれます。

これらの統計は、すべてのワークフローをまとめて、またはそれぞれを個別にコンパイルすることもできます。

すべてのワークフローの統計をまとめて取得する方法

GET/api/server/statistics?serverLocation=someLocation

ワークフロー固有の統計を取得する方法

GET/api/server/statistics/{workflowName}?serverLocation=someLocation

ここで、workflowNameは特定のワークフローの名前です。

someLocationは、サーバーマネージャーがインストールされているマシンのIPアドレスまたはホスト名です。

サンプルコード:

{
   "WorkflowName": "Default Workflow",
   "WorkflowInputType": "HotFolder_SharedFolder",
   "WorkflowPriority": "P_Low",
   "WorkflowState": "WS_NotAvailable",
   "RunStatistics": {
      "JobTotalCount": 0,
      "JobProcessedCount": 0,
      "JobTotalNotProcessedCount": 0,
      "JobDiscardedCount": 0,

},
"ProcessedPageCount": 0,
"ProcessedGothicPageCount": 0,

}

FineReader Server 14 APIの詳細については、Swaggerのドキュメントを参照してください。

注:APIを使用するには、Web APIコンポーネントをインストールし、APIを使用できるライセンスを持つ必要があります。

11/29/2022 5:26:48 PM

Please leave your feedback about this article

Usage of Cookies. In order to optimize the website functionality and improve your online experience ABBYY uses cookies. You agree to the usage of cookies when you continue using this site. Further details can be found in our Privacy Notice.