はじめに

Server Manager およびリモート管理コンソールを別々のコンピュータにインストールする場合は、インストールされた ABBYY FineReader Server をリモート管理コンソールに登録しなければなりません (詳細は、新しい FineReader Server の登録を参照してください)。

処理ステーション および Server Manager を別々のコンピュータにインストールしたら、処理ステーション を処理ステーションノードに登録しなければなりません (詳細は新しい FineReader Server の登録を参照してください)。

ABBYY FineReader Server 14 のインストール後、デフォルトのワークフローが設定され、そのワークフローには以下の設定が含まれます:

  • 入力フォルダ、出力フォルダ、例外フォルダはそれぞれ以下のように設定されています: デフォルト Workflow\Input フォルダ、デフォルト Workflow\Output フォルダ、デフォルト Workflow\Exceptions フォルダ。 ルートフォルダは %PUBLIC%\ABBYY\ABBYY FineReader Server 14.
  • 出力ファイルのフォーマットは PDF に設定されています。
  • 認識言語は英語に設定されています。
  • 入力画像は変換せずに出力フォルダに移動されます。

デフォルトのワークフローのプロパティは、ワークフローモードで開くことができるワークフロープロパティダイアログボックスで表示できます。 このノードでは新しいワークフローを作成することもできます (新しいワークフローの作成を参照してください)。

文書を認識するには

  • 画像または PDF ファイルをデフォルトのワークフローの入力フォルダにコピーするか、スキャニングステーションで画像をスキャンして、ABBYY FineReader Server のデフォルトのワークフローにエクスポートします。
  • その後すぐに (実際に要する時間は文書の複雑さやお使いのハードウェアリソースによって異なります) 認識結果が出力フォルダに入れられます。
  • 文書が処理できない場合、(例: 画像ファイルが破損している、または、フォーマットが無効であるなど) 画像は例外フォルダに入れられます。 エラーの説明が記載された XML 結果ファイルもこのフォルダに入れられます。
こちらも参照してください:

文書のワークフロー

11/29/2022 5:26:48 PM

Please leave your feedback about this article

Usage of Cookies. In order to optimize the website functionality and improve your online experience ABBYY uses cookies. You agree to the usage of cookies when you continue using this site. Further details can be found in our Privacy Notice.