フォールトトレランス

ABBYY FineReader Server 14 は完全に無人で実行することができるため、システムの堅牢さを保証する多くのフォールトトレランス機能を備えています:

  • システムは Windows の起動時に自動で開始されます。 例えば、一時的な停電が発生した場合、PC の再起動後、ABBYY FineReader Server は、自動で起動し、実行します。
  • システムに障害が発生した場合でも、データが紛失しないよう文書は処理されます。 障害発生時、処理されたすべての画像は、いったんキューに入れられ、システムが再起動されると、再度処理されます。
  • Server Manager処理ステーション が実行中であり、利用可能であることを定期的に確認します。 処理ステーション が何等かの理由で一時的にダウンした場合には、再度利用可能な状態になり次第、Server Manager が 処理ステーション との接続を再度確立します。 処理ステーション との再接続には、管理者が関与する必要はありません。
  • 処理ステーションVerificationインデックス作成ステーション が文書を処理中に障害が発生した場合、文書は自動で別のステーションに送られます。 その際、利用可能なステーションが全くない場合は、画像はキューに残り、最初に利用可能となるステーションを待ちます。
こちらも参照してください:

ABBYY FineReader Server アーキテクチャ

文書のワークフロー

11/29/2022 5:26:48 PM

Please leave your feedback about this article

Usage of Cookies. In order to optimize the website functionality and improve your online experience ABBYY uses cookies. You agree to the usage of cookies when you continue using this site. Further details can be found in our Privacy Notice.