文書から情報を自動的に削除するスクリプトの作り方

スクリプトを使って、認識したテキストから情報を再編集することができます。

1. 検出されたブロックでこの情報を隠します。
これを行うには、インデックス 作成スクリプトで選択ブロックのRedactRegion メソッドを呼び出します。
注:この方法はバーコードブロックには適していません。
文書内で検出された全てのテキストブロックを編集するには、次のサンプルコードをスクリプトに追加します。

 //JScript
 for( var p = 0, pc = this.Pages.Count; p < pc; p++){
   var page = this.Pages.Item(p);
   for(var tb = 0, tbc = page.TextBlocks.Count; tb < tbc; tb++){
       var textBlock = page.TextBlocks.Item(tb);
       page.RedactRegion(textBlock.Region);
   }
 }
 this.SkipManualIndexing = true;

2. インデックスフィールドを編集します。
そのためには、IndexingFinishedスクリプトの中で、選択インデックスフィールドのRedactRegionメソッドを呼び出します。
選択した文書タイプの全てのインデックスフィールドを編集するには、次のサンプルコードをスクリプトに追加します。

 //JScript
 var pagesCount = this.DocumentPages.Count;
 for( var a = 0, ac = this.Attributes.Count; a < ac; a++) {
    var attribute = this.Attributes.Item(a);
    var pageIndex = attribute.PageIndex;
    if( pageIndex >= 0 && pageIndex < pagesCount ){
        this.DocumentPages.Item(pageIndex).RedactAttribute(attribute);
    }
 }

29.11.2022 17:26:48

Please leave your feedback about this article

Usage of Cookies. In order to optimize the website functionality and improve your online experience ABBYY uses cookies. You agree to the usage of cookies when you continue using this site. Further details can be found in our Privacy Notice.